スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットコントロールに必要なもの (2)

  • 2013/11/04(月) 20:55:59

バットコントロールに必要なもの (2)

あまり、表題を変えるとわからなくなるので、すこしこれで書いてみます。
久しぶりの万補さんのコメントにも、左打者有利と言われますが、あまり使い慣れていない左手でバットコントロールってどうなんでしょうか?

技術がどうのこうではなく、私はこれからはも覚悟が必要だと考えます。
ただ、野球を中学ぐらいまでだというのなら話は別で、徹底的にダウンスイングで叩きつける打法もよさそうです。それでももう少し長く野球をやりたいのなら、左手を利き手化が必要と考えます。
それが、万補さんのいう通りで、成功した作られた左打者はおそらく、左で投げたり、箸を使ったり、鞄を左でもったりと、利きき腕化しているはずです。すくなくとも、素振りを毎日行いながらも、左手1本で振る感覚を磨いているでしょう。
そこまでしなければ、左打者として大成する選手にはなれないと思います。

実は作られた左打者は、指導者や、親がただ有利だということでさせている場合も多いでしょうが、これからは、「そこまでやれるかを本人の意思を確認すべき」と考えます。これはより上へ進んで成功する秘訣です。

今は右バッターが貴重です。逆にいえば、同じような左バッターがいっぱいいる。息子の高校でも、同学年で右投げの左バッターは部員の7割ぐらいるみたいです。
試合では投手と捕手だけ右打者の場合も多く、投手も右投げ左打ちの場合は、9人中8人の場合もありまます。
 
ただ足が少し速いぐらいで変えてしまうのは疑問です。
これからは、覚悟をもって転向させましょう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。