スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットコントロール

  • 2013/10/28(月) 17:36:32

バットコントロールに必要なもの

息子が少し打撃が上向いてきたようだ、非力ではあるが最近長打が出るようになってきた。
いろいろ試行錯誤から、バッティングを変えている? スタンスを狭めて縦振りにしているようだ。

さて、プロ野球でも1試合を通してみれば、追い込まれてから、チョコンとバットを出して塁間を破ったり、内野手の頭を超すヒットが3本や4本はあるものだ。
追い込まれてから、打率がいいのはこれができるということも過言ではない。

 つまり、ストライクからボールになる球、ストライクでも予測の球種でなくボールが低めへ落ちて、思い通りのスイングができない場合など、泳いで打ったりするのだけれど、そのチョコンは眞に当てることと、ヘッドが効いていることが大事である。

そこで、目がいいとか器用などの身体的な才能を除けは、私は4つほどの要素を上げてみたい。

①バットを横にしたり、立てたりいろいろ構えがあるわけだけれども、私はバットコントロールには、自分がバットが軽く感じるぐりあであること。(自分にあった重さのバット)
 硬式のバットは高校性では重さの下限が決まっているので、少なくともそれを自由に振り込めるパワーが必要である。

②縦ぶりが有利であること。
 最近の投手は高校生でも、縦の変化球が鋭い、縦へ落ちるのであれば、ヘッドが縦に降りてくるほうが絶対に有利である。これにはリストの強化が効果的。

③軌道がインサイどから出ること。これは肩が開かないといいうことと、バットを持った手のひじが横腹についてくるということを意味する。

④通常の打点(ボールとのコンタクト)がいわゆる投手よりではなく、へその前もしくは捕手よりであること。
 ボールを見極めることができる

 まだあるかもしれないが、少なくともこの4つが備わっていなければ、追い込まれてから打つのは、まぐれを期待するしかないだろうと思います。

 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ヨッシーさん、御無沙汰しています。

今回のバットコントロールのお題目。

良くバットコントロールは、捕手側の手で
行うと言われますよね?
これを前提にお話ししたいのですが

ここで疑問に残るのは右利きの左打者。

右打者の捕手側の手は右手ですが、左打者は左手。

左打者有利と言われますが
あまり使い慣れていない左手で
バットコントロールって
どうなんでしょうか?

松井選手はメジャー時代に、左手で箸を持ち、
右手同様器用に使う練習をしていたとか?…

やはりそこまでの精度と、筋肉のバランスは
必要になってくるのでしょうか?

  • 投稿者: 万年補欠
  • 2013/11/01(金) 06:25:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。