スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖心克服が打撃上達の第一歩

  • 2013/09/23(月) 07:31:56

打撃とは?
ー恐怖心克服が打撃上達の第一歩ー


打撃の基本は、内角のボールに対する恐怖心を克服すること。どんなに打撃の技術があっても、
これがでは打ち返すことが出来ない。

これを投手側から見ると、少し懐かしいが、巨人のガりクソンは、「バッターへ恐怖心を与えることが出来るかどうかで、ピッチャーの勝負は8割決まる。
広岡達郎ー勝者の方程式よりー

これが基本という表現が適当かどうかわからないが、内角を捌けなくて、打撃に波があったり、簡単にアウトになってしまう。

広岡前監督は若手に徹底的に内角の緩いボールを打つ練習だったそうだ。
はじめから速いボールは打てないので、打者をバッターボックスの一番近いところへ立たせ、身体にあたるぐらいのところへゆるいボールを投げてやる。
これをしっかりミートしてフェアグランドへ打ち返すようになるまでやらせる。

徐々にスピードを上げていけばよい。
彼は、“内角のボールを処理できるようになれば、ストライクの球の四分の三は打つことが出来る” という。

ボール球に手を出したり、どうしてあのボールに手が出なかったのだろうという打者は、自分は内角のボールを
捌けているか今一度考えてみるのもよい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。