スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近距離からボールを投げる

  • 2013/08/04(日) 21:48:44

近距離からボールを投げる
ーだかがトス、されどトスー

野球は普段出来ることが、緊張したり、違うの動きでに腕の振りや、リリースポイントが狂ってくる。
送球ではいろいろなステップが必要だが、速い、遅い動きからも、安定した強いボールが投げることです。

ただ、意外と使われる至近距離からの送球について、つい悪いクセが出で致命傷になる場合がある。
高校野球の夏の大会でトスが乱れたりことで、悪送球やダブルプレーが取れないことでサヨナラ負けも多く見た。

トスのエラーは、投手と一塁の連携、ダブりプレーに関係する、ショートからセカンド、セカンドからショトがあるが、同じ学校で4年間で致命的なミスが2度あったもので記憶にあるのは、ショートからセカンドだ。

セカンドからショートは、肩の高さも、腰からの下でも下からのトス、距離があれば下からのスローイングだから意外と迷わない(トスの良し悪しは別にして)。ここで紹介するのはショートからセカンドですが、トスミスが起こり易いのは6、7mぐらいの距離でトスにしようか迷う距離が多い。
ただ、正しいトスでしっかり足を使えば問題ないんだが、つい「ふあわっと上から投げてしまう」のが危ない。

これは憶測ですが、いままではそんなトスを実戦ではしたことがないから、指導者も気がつかない。
その上からのふわっとは力加減が難しい。悪送球もあるが、上がり過ぎもある。だいたい、少し迷う距離は正しいトスをすれば普通は下からのトスでよいと思いが、これをフワッと上から投げることはやってはいけない。少年野球ではよく見るのだが高校野球でもある。

私は、「やってはいけないことは、練習中でもランナーがいなくても気をつけなさい」と言いたい。
例えば、ヒットやアウトになってボールが内野へ帰ってくるボールを、投手へひょいと山ベールで返す選手がいるのだが、そんなことが、つい実戦で出ないとも限らない。
みなさんはどう思われるか知らないが、私には実にもどかしい。ビシット返せと言いたい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。