スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球は監督次第(2)

  • 2013/07/29(月) 23:43:47

高校野球は監督次第(2)
ー技術は人それぞれー


チームによって指導方針がある。これは少年野球でも中学、高校野球でも社会人でも同じであろう。
ただ、指導方針として「個性を生かす」か、「一つの形に徹底するか」も分かれるところである。

また、理屈を話して「納得させて行うこと」もあれば、「半強制的にそれをさせる場合」もあるでしょう。
キャッチボールについては今では、指導方法はある程度確立されていると見ていますが、こと打撃については正に違いは明らかです。
指導者とすれば、それで打った子が多ければ、毎年それをさせたいと思うのは当然かもしれない。
それでも、人は体格、骨格や柔軟性、パワー、聞き目、握力、右打ち左打ち、癖など違いはあり、それが合わない場合もあるはずだ。

昔紹介した、金森コーチの指導についても、左打者は成功しても右打者ではあまり成功例がないとある記事で読みました。
つまり右打者と左打者では、その選手のパフォーマンスを上げるのに同じ指導があてはまるわけではない。

特に、前は自分の感性でほどほど打てた選手は、指導により判らなくなってしまうこともあるから注意が必要だ。
じゃ~どうすりゃいいの?

私は好調な時の、自分のビデオを必ず撮っておくことと、自分が気をつけていたことをノートに書いておくこと。
いろいろな知識がついてくれば、まだまだ改良する点もわかるでしょう。
あまり考えてなくても、構えからインパクト、フィニッシュまでのスイングまでのイメージを書いておく。
つまり、細かい事を考えること、何も考えないほうがよかったときがいいこともある。
スランプはスイングが悪いのではなく、疲れやメンタルの場合もあるからだ。



まだまだあるでしょうが、今日の本題は冒頭です。
 -前回の「わが心の木内野球」から抜粋ー
木内監督は選手1人ひとりの特性を尊重しているせいか、技術的なことはあまりうるさくいわない。
「あれしろ」「これしろ」でなく「ここがダメ」だけを言ってくる。
“おまえは神主バッターだかた反対方法へ飛ばねえんだ”
今思えばそうだった。顔の前から打ちにいくので、バットを手で操作するから、腕だけでボールを運ぼうとするから、打球が思ったより
飛ばないんだ。

つまり、技術とは自分で考え身につけるものだ。よって1つのやり方を縛りつけようとは決してしない。ただし自分でみつけることが出来ない選手にはアドバイスすることはある。

基本的にはその選手のやりたいようにやらせ、結果が出れば使うし、出なければ使わない。アドバイスを待つばかりで自分で方法を考えないような選手はしょせんそこまで。壁が現れればそれを乗り越えることが出来ないという。

技術論は本人の才能とそれを基にしたアレンジした方法をみつけること。
「人はそれぞれ」なのである。
「手が反対だって打てれば文句ねぇんだから、その打ち方の天才になればいいんだから」

私はこちらが正解かどうかは解らない。それでも高校野球の試合を見るにつけ、少し思い当たることもあることも事実である。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。