スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の上達はコツを掴むこと

  • 2013/06/25(火) 22:50:38

構えのリラックス
ー猛打の高校では何をしているかー

先週の日曜日は、熱田球場へ

東邦学園90周年記念行事です。
別に招かれたわけでもなく(笑)、硬式野球部招待試合を観戦です。

中日スポーツで2週間程前ぐらいに紹介されていました。
招待チームは智辯和歌山高校です。

熱田球場へは初めてでしたが、金山駅から私は20分ほど歩きました。
さて試合の結果は新聞で見た方もあるでしょうが驚くべきことがありました。
第一試合の結果はなんと、17ー2です。何も点差がすごいのでなく、2回の裏に13点、なんと初めて見る打者2巡でした。打者18人で12安打の猛攻。それも左腕のエースからだけに価値あるものでしょう。

さて、今回はその東邦打線を見て感じたことです。
今春からブレークした関根選手が、中日スポーツで、“構えで力を抜くことを教えられて、打球が伸びるようになった”というインタビューがありました。

よく、DeNAのブランコが、構えてから右手を離すしぐさを3回4回してますが、東邦の選手は、はっきり確認できるだけで4人、ある一定の間で手(押し込む側)手を離します。
肩をゆらす、膝を揺らす、バットを揺らす、息を拭くなどいろいろありますが、やはりいかに始動から力が入っていないかも大事な野球のコツです。チャンスになれば、いやでも力が入るものですが、力を抜く箇所(方法)は多い方がよいかもしれません。

投手はゼロ→100ぐらいの力加減といったのは前田健太でしたが、打者も同じ意識で望んだらどうでしょう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。