スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スランプ脱出法 プラスワン

  • 2013/05/28(火) 07:06:19

スランプ脱出法 プラスワン

ここで書きたいということを書きためておくのだが、これをアップしたかどうか解らなくなってしまうs。
まあ検索すればいいのだが、これもおそらくUPしたものかもしれない。
でもその続きとして、こどもが喜ぶ練習方を。



稲葉選手の練習法というか、スランプ脱出法はこうだ。

体が前に突っ込んでいるといると思えば、トスしてもらった遅い球を打って体のためを作る。
上体だけで打っていると感じれば、ロングティーで打球の軌道を確認するというものだ。
「手だけで打っていればドライブがかかってしまう」。バックスピンの利いた打球を意識する。
練習には様々な工夫が詰まっているという。

私も練習にはそれぞれの目的があると思う。やはり、誰もみんな順番にこれやって、あれやってでは
上手くなるのを妨げるだけでなく、持ち味をなくしてしまうかもしれない。

シート打撃やマシン打撃などを除いても、私が見る限り野球の練習ではトスやティーバッティングなどが多くの
比重が高い。グランドの関係もあるでしょうが、私は内野のネットに向かってもいいので、ロングティーをもっと回数、時間を取り入れてもよいのではと思う。

稲葉選手が言うからではなく、ボールの打球回転がわかる利点は大きい。
ゴルフの練習でも小さなゲージではナイスでもそれが、スライスかフックかわからないので、大きな練習場で確認するのと同じではないか。

中学校でも、ロングティーは月に1度あればよいぐらいで、あまりに打てない場合だけの特殊な練習で特殊な
す。そればかりか、期待されている選ばれた選手だけであった。
チビなんか、今日はロングティーの選手に選ばれたと言ってたぐらいである。


小学校ではよくみんなが縦に一列になり「いち・に・さん」の掛け声でホームから外野のポールへ
向かって練習をしていたのですが、ただそこで立って素振りするのでなく歩く意味があるはずである。

この練習を見て、少なくとも変えた点はある。

1.まずはちゃんとラインを書く。
 (1) ステップの位置を漠然とでなくスクエアにすること
 (2)軸足をラインに直角へ出すこと(普段の打撃に軸足と同じ)
 (3)掛け声を「いち・に~・さ~ん」に変える
   特に「に~」では歩くのでなく軸足に体重をかけ、「ため」を意識する


今回はここからまた練習パターンを追加しました。
外野へ歩くその素振りをネットに向かってやります。
右足、左足、右(これは後ろでクロス)ここでさ~ん で溜めてヒット。

1.この練習は動きがあるので、打ったら横へ抜けます。
次の子は後ろ(三メートルぐらい)で待っていて、繰り返します。
これを数人のグループに分け行います。

一球づづ集中出来るのでよいと思いますが、そこは子供ですのでこれに一つ加えます。
2.その時打った打球を、ボールを投げたコーチ(親)がセンタ前ヒットとか、サードゴロとか言って上げます。
これが非常に楽しいのか、熱中してやります。

体をつっこまなくして、溜めをつくるのが目的なので、それが出来なければいい当たりでもヒットにしないことが大事です。
もう一つはやはりセンター返しには甘く、引っ張ってしまった場合はファールやアウトにします。

3.何回かやったあと、今度は1人5球として限定して終わり、並んでそこで何打数何安打と本人に報告させます。これで打率の勉強にもなるし、何より子供たちでの争いもでき、目が輝いできます。

 一度試して下さい。

 時間があればこれと同じルールで実際にネットでなく、グランドで子供が守って行います。
 驚くことに、いい当たりどころか、センター方向へ強いボールがでるからビックリです。
 ただし空振りも格段に増えます(笑)


 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。