スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃のリズムと守備位置

  • 2013/04/30(火) 23:23:57

守備位置における打撃のリズム感 
ーキャッチボールでの間が影響しているのかー


打撃において、タイミングは大事な要素であることは誰でもわかっている。
少し前に、イチ・ニー・の・サンでタイミングをとることを紹介しましたが、この「の」が大事だというのは、
あの元ヤクルトのスカウト片山さんでした。

よくキャッチボールと打撃は一緒なんだよ言われます。
確かにいいキャッチボールと良いバッターはかなり相関がある。

そこで、私はゆったりのキャッチボールを推奨していますが、素早いキャッチボール、例えば短間を繰り返していると、バッティングにもそのリズムが影響するのではないか? と最近本気で考えています。

仮説を続けると、体内時間があるように、自分のリズムも知らず知らず作られていると仮定した場合、「イチ・ニ」「イチ・ニ」など練習において比較的早いリズムを練習で多く使った場合は、打撃のテークバークやトップの際もリズムにも影響する。
人はよほど意識しないと、知らず知らず一定のリズムに寄ってしまう(かも)。

こんなことを考えたのは、比較的早いリズムを送球で行っている、ショートやセカンドの選手は中距離以上のバッターは稀であり、相対的に打率は低く長打率はさらに低いのではないか。(あくまでも傾向で例外勿論ある)
これは、機敏さや守りを重視するということでという反論もあるであろうが、送球の早いリズム感がバッティングに影響するという私の説は研究課題として上げておきます。

それだと、捕手はどうなの?ということになるのだが・・・
これには送球のリズムが別格で早いので、かえって打撃の際は全く別として意識できるのでないのかと答えておきます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。