スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃のヒント2

  • 2013/02/25(月) 21:15:50

打撃のヒント2
ーピッチャーとは反対側の肩を動かさないでバットを出すー

前回の打撃のヒントにおいて、「打撃にも助走が必要」において、 “様子を見にいってから振る”とはボールの見逃し方において、振りだしているのに全力で振りにいっていないので、止まるということでもあると考えます。
 よく見逃し方がよいということもいいますが、トップから力いっぱい振りにいけば、途中で止められないでしょうし、ボールだと判ったときはもう遅い。
 私はこの間を作るために、大きく構えて右肘(右バッター)を脇腹へつけることを初動にするように子供に教えていました。
 その為に、小学生の頃は「脇締め」を素振りの中へ入れていました。その成果なのか、中学へ入ってボールの見逃し方が
いいと言われたこともありましたが、今の今まで意識してそうするものだと思っていましたが、方法は同じでも、それはひょっとして違うかもと気付かせくれたのが、内川選手のこの言葉でした。
------------------------------------------------------------------------
これは、高校野球.com のインタビュー(後編)からです。

内川聖一選手:よく指導者の方は「投手よりの方を開くな」と教えます。
右バッターなら左肩、左バッターなら右肩ですね。
でも、僕はどちらかというと反対側の肩を出さなきゃいいと思っているんです。
バッティング理論って、人によっては、「ここで肘を入れろ」とか「最短距離でバットを出せ」とかいいますが、僕は打ちに行くときに、ピッチャーとは反対側の肩を動かさないでバットを出すためにはどうするかということを考えています。
バットを持っていて、来たボールを打とうとする。
その時にピッチャーとは反対側の肩を出さずに、芯で打つためにどうするかというと、肘が入ってくるんです。
横から見ると、体の中に自然と肘が入ってくるんです。

 僕は右バッターなので、右半身は、出ていく力がいるし、左半身は戻ってくる力がいります。そうすると力のポイント体の中心になりますよね。体を開かずに打つというのは、ちょうど(体の)中心で打ったものがフォロースルーになって離れていくというイメージなんです。
------------------------------------------------------------------------
つまり、肘はは入れるのでなく、反対側の肩を出さなければ自然に入ってくるということです。
実際にやってみると確かに肘が入ってきます。ただ実践ではそんなに簡単にできるとは限らないですね。
 前回“打撃にも助走が必要”についてを紹介し、この動作でボールを捕まえにいくとこが、その助走になると考えていますので、その方法論として、内川選手の言葉は貴重でした。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。