スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らない守備の基本(3)

  • 2013/02/06(水) 22:49:51


意外と知らない守備の基本(3)
ー素早くボールを握るコツー


気になる記事を破いたり、コピーしたり、パソコンにメモしてためていますがすでに、切り抜きは30枚ぐらい今も雑に積み上げてあります。後で拾い読みすると、どうしてこれを保存したのかというものも沢山あります。
ただ、ここに書くと気持ちよく捨てれるので少し嬉しいです。

そんなわけで、この紹介も今回が最後です。
昨日、少し長々と書いたのもここに関係していますが、素早くボールを握るコツを是非教えて下さい。

捕球してから、素早くボールを握る際のポイント、まずは捕球と同時にグラブを持った左ヒジを内側へ返してみる。するとグラブの捕球面が顔の方を向き球が握りやすい。
私は表現はこうでした、“捕球と同時に(グラブを持った)小指を下にするように捻ってごらん”これによって、捕球してから捕球面が下を向いてしまい、ボールがこぼれてしまう子を助けてきた。

表現は同じに見えますが、私の表現では左の脇が空いたままなので、やはり「左ヒジを内側へ返してみる」をしてみると、自然にグラブを引き気味になるのでボールの力を殺すにもいいようだ。

 そこで、構えたところにボールが来た時はいいが、例えば右側で逆シングルの場合はプロはどうしてボールを素早く握るのか?は今、私の研究課題です。

 ただ、素早く捕球後、ゆったりとしていても、体をしっかりつかい、相手の構えたところでしっかりと腕を振って投げることは、みんな一緒です。 (終) これでやっと一枚捨てることが出来ました 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

グラブの置き方

万補ご無沙汰しています。

肘の捻りですが、私はグラブの捻りも多少は必要かなと思っています。
ゴロにつてのグラブの置き方ですが、私は小指と薬指が着くようにと息子には教えていますよ。

人差し指と中指の甲を置くとグラブが立ってしまいますので、前へ出す時はいいですが、引いたりする時は肘が
窮屈になってしまいます。

またグラブの持って行き方ですが、正面から前へ出すのでなくて、少し右横から入ってくるとその形が自然作れるみたいです。
私はワニを意識してグラブと手が上下になる形を教えていますが、本当はグラブと右手は60度ぐらいですね。
(言葉では解りにくいので本篇に書いてみます)
でもそんな地を這うようなゴロは軟式ではすくないので、それ以上は踏み込んでいません。
参考の仁志さんのサイトは非常に参考になりました。私のボールの勢いを吸収するため引くのだと思っていました。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2013/02/13(水) 23:01:03
  • [編集]

ヨッシーさん、ご無沙汰しています。

万年補欠です。

ご参考になれば…
http://do.nikkansports.com/baseball/22658.html

やっぱり肘を捻るのですね…

ゴロ捕球の基本って難しいですね。
でも、私は奥が深くて大好きです。

先日、こんな事を言っていた方が居ました。

グラブを地面におく時、人差し指と中指の甲を置くって
思っている人が多いけど、ホントは薬指と小指から差し出すように置いて来るのが、本当だと思う…と。

そうすると、確かに脇は開きませんね…
てっくり返しで捕る子供の矯正にも良いかも知れません。

  • 投稿者: とーさん
  • 2013/02/07(木) 17:04:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。