スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知らない守備の基本(1)

  • 2013/01/31(木) 21:56:35

意外と知らない守備の基本(1)
ーわずか0.2秒の違いが明暗を分けるー


この題で横浜高校の小倉コーチが書いている。

まずは内野手のゴロ捕球の基本姿勢。右投げなら腰を落として左足を一歩前。グラブは左足の内側だ。ここで
捕れるようにフットワークを使う。
ゴロはショートバウンド(上がり際)か落ち際が捕りやすい。地面から40~50センチほど弾んだハーフバウンドは
一番難しい。これも足を使いグラブを出したり引いたりし、捕りやすいバウンドに合わせる。
大事なのはキャッチボール。右投げの選手が捕球する際、捕る側から見て右側にボールはゴロの時と同じように左足を出してしまってはだめ。右足が前だ。
 実際にやってみればわかるが、右足が前の状態で捕球すると、捕ってボールを握り、左足を一歩踏み出すだけで送球出来て勢い
もつく。これは巨人の長野久義がうまい。
 逆に左足を前にして捕球してしまうと、送球の際にステップしなければならず一歩余計になる。
違いは0.2~0.3秒。トップスピードの走者なら2~3mほど。捕球の際の足の前後の違いでセーフかアウトの明暗が分けれてしまう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

右足前での捕球は素早く投球動作に移せるのはわかるのですが、私の指導はまず、左足を出して捕球してから右足→左足→送球をノック前のボール回しから徹底させています。
基本ステップがまだまだ身についてない選手たちに右足前での捕球を教えたら下半身が使えず送球が安定しないと思うのですが・・・
低学年から右足前捕球を教えた方が早く確実に身につきますかか?

  • 投稿者: 一学童指導者
  • 2013/02/04(月) 15:33:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。