スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カットまでステップをしないで横から投げている

  • 2012/12/31(月) 22:22:39

外野手の養成法
ーカットまでステップをしないで横から投げているー


“お前野球をなめているやろう”の第二弾。
この指摘を受け、大島選手はこのクセを直すのにキャッチボールから始めたそうだ。

近いからとか、ランナーが走っていないからとかで投げ方を変えない、正しいクセをつけておきましょう。
西武対巨人でクロマティがカットまでフワッと投げていて、ランナーの辻でしたかサヨナラのホームインが思いだされます。

上手く投げれない選手が、横からひょいと投げると強く叱るコーチも、そこそこ投力のある選手が横から投げるても、結果がよいと何も言わないケースもあります。
 やはり、外野手においてはノーステップや横からはまずあり得ないでしょう。

 さて、そこで大島選手はキャッチボールから直したのですが、しばらく直らなかったといいます。
 直し方は、まず「肩を縦に回す」ことからです。
 よく、「肘を上げろ!」とはいいますが、プロがプロへ教えるアドバイスは「肩を縦に回せ」ですかね。
 中日の山本投手も常に言っていることを紹介しましたが、これを考えると、アマチュアは横回転ぎみか、肩回転を意識していないのでしょう。
 日本ハム 陽
 
 今日の伝えたかったことはこれです。
 肩を縦に回すを意識することで、大島選手のチェックポイントが的を得ていました。
 肩を縦に回すには、投げる際に左肩を下げることを意識してやっています。
 あたり前のようですが非常に解りやすい
 ただ、人によって縦回転の大小はあるでしょうし、テークバック際はその逆(左肩が上がる)でないと上半身が突っ込んでしまいます。

 今回が今年最後となりました。みなさんよいお年を。
  

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

探偵GODのコメント

確かにね

  • 投稿者: 探偵GOD
  • 2013/01/03(木) 04:51:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。