スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おまえ野球をなめているやろう」

  • 2012/12/24(月) 21:54:00

外野手の養成法
ーボールに合わせて追うなー


優勝のかかった今年の秋の東京6大学の試合を見て、たまたまであったかもしれませんが外野手のまずい守備を二つ見てしまった。
正面を向いて後ろへ下がって落球したのには失笑したが、ボールを追うのにもたもた。
ひょっとして、このリーグのレベルは下がっているのかもしれないと思った次第である。

<中日スポーツ 24.12.24>
「おまえ野球をなめてるやろ」
今年のキャンプの初日、前年ゴールデングラブ賞をとった大島に平野コーチは言ったという。
理由はこうだ。
「ボールにぎりぎりで追いつくのが気になっていた。常に横向きや後ろ向きで正面で捕らない」これに対して、大島は「捕球はどうしてもボールに合わせちゃうんですよ」
このクセは、1年かけてもなかなか直らないという。



現実にもどれば、あれが追いつけないのか! ということは「よくある話です」ですが、外野手の中にはこれぐらいで追って捕れなきゃしょうがないよな的な追い方をする選手が結構いる。
 ボールに合わせるのはまだいい方で、つねに一定のゆったりとしたスピードです。
 また、教えてもなかなか直らないの、捕球に対する執念です。  もしこういうクセを小学校でやっていればや中学校で、中学校でもやっていたなら高校ではなかなか直らないということでしょうか? 

今日の格言:外野手はボールに合わせて追うことなく、捕球に対して執念をもちなさい!
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。