スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤美佐子さんのキャッチボールのステップ

  • 2012/11/23(金) 11:35:02

みんなの野球教室
ー安藤美佐子さんのキャッチボールのステップー


キャッチボールを再考するに、私の言うことは 「安藤美佐子のキャッチボールのステップ」でしょうか?というコメントが寄せられていましたので、次回へいく前にそれについてちょっと書きます。

この動画は二つあり、「素早く投げるステップ」と「肩甲骨の話し」がありますのでこちらを見ての感想です。



安藤美佐子さんは知りませんでしたが、上手な投げ方ですね。
両足を揃えてボールをもらうは大賛成。軸足を前え出すもいまや基本の基本です。

「私の言うステップはこれと同じですか?」ということについてはあえて一言加えます。

あたり前ですが、ソフトボールと野球でのグランドの違いです。
ソフトボールでは内野手は捕球後にワンステップで投げなければ間に合わないでしょうが、野球では.余裕があるる場合も多いです。また、投げる距離も長いので、素早く投げるというだけでなく、強くて正確を意識したステップも必要です。



この動画でも素早く投げるという意味ではその通りです。(後半の軸足を後ろへ引くはまたどこかで書きます)これは相手からもらったボールを相手へ素早く返す際のステップです。ゴロにおいても、よい態勢で捕球してワンステップであればこれです。

数年前ならこれを見て、こういう練習を徹底してやったと思うんですが、今は、しっかり握れないや、送球時に間が作れない子をみて“それほどあわてる必要性もないのに、変にこれにこだわることはない”ですね。


そこで「キャッチボールを再考する」の、今回のシリーズでは基本の形は基本としながらも
1.素早い送球だけでなく強くて正確なボールを投げる
2.ゴロ捕球からの送球と相手と向かい合って投げる際のいろんなステップ
について書いていきます。

そういう意味では、下の動画のすぐに出てくる二人目 背番号26 西川選手のの4歩のステップを、あえて「黄金のステップ」と呼び、違和感なく自然にできるようにしておこうくということが、最近の考えです。
 このステップが自然に、堅実に出来るようにします。



 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。