スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先の感覚

  • 2012/10/28(日) 14:08:50

投手の養成
ー指先の感覚ー


投手において、速いボールを投げたり、コントロールをつけるのに、下半身や上半身の使い方など大きな身体個所であり、体幹の鍛え方などの記事は多い、肩や肘などもしかり、気持ち(ハート)の問題もあるだろう。
しかしひょっとしたら並の投手と輝く投手では、誰もが知らずに通りすぎてしまうところもあるのではないか。

その一つが、指先の感覚である。私の知る親の方は、プロの投手経験のある指導者に、最後の人差し指、中指のひと押しが大事だと聞いたといいます。
ヤクルトの館山投手も、不調な時は今もピアノをひくという。
誰かは忘れたが、「ダーツ」で指先を磨く選手もいる。
野球以外でもゴルフ選手がアイアンでボールを、テニス選手ではラケットの枠で何十回と難なく付いたり出来る。 一流の選手はとにかく手先が器用である場合も多い。それは集中力であるかもしれないが、遊び感覚でボールと戯れているものである。



 ある投手が一流の選手になると、○○の少年時代だとか、私はこうして育てたという本がでるものだが、あたり前のようにダルビッシュ投手も出そろった。
 というのも、中学校時代のボーイズ監督、高校時代の監督、プロ野球へ入ってからのピッチング投手である。
あと親父さんの育て方、大リーグでの成長、本人の回顧録が出れば、ほぼ半生については全巻揃うことになります

猛将の教え 私が知る素顔のダルビッシュ有猛将の教え 私が知る素顔のダルビッシュ有
(2012/09/21)
山田 朝生

商品詳細を見る

日本最強右腕の原点―東北の名将が授けた『大投手への道10カ条』日本最強右腕の原点―東北の名将が授けた『大投手への道10カ条』
(2012/06)
若生 正廣

商品詳細を見る
佐藤義則 一流の育て方 ダルビッシュ有 田中将大との1600日佐藤義則 一流の育て方 ダルビッシュ有 田中将大との1600日
(2010/12/01)
永谷脩

商品詳細を見る


待ち時間に偶然立ち読みした本が、二番目の若生監督の本です。
この三冊とも読んではいませんので、何も言えませんが、元東北高校の若生正廣だけは注目していました。
次の高校(九州学院)へ移っても、好投手が出てきているからです。名伯楽とよばれるそうですが、やはり投手を育てるには秘訣があるのか 

その中で、彼には、「くるみほどの大きさのボール2個をつねにもって指先感覚を磨かせた」とありました。
よく野球選手が、ボールを指先だけで真上へ20~30センチ上げていますが、大リーグでもベンチ内で二人が行っている光景がありました。
とにかく指先感覚を磨いておきましょう。
彼が、二つの小さなボールを自由にあやつっていたこととが、ボールの伸びであり、多くの球種を投げたり、同じ球種でも少し変化させることにも可能にしているのは確かなようです。

これをグラブ手で行えば、守備にも効果ありそうです。
これパワーは必要ないですから小学校から始めてもよいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。