スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃とは何ぞや?

  • 2012/09/28(金) 15:04:31

打撃とは何ぞや?
ーバッティングを極めた選手が語る (1)立浪選手ー


立浪氏の「負けん気」をよんでも、プロ20年を超えても永遠のテーマであり「これだ」というものにたどりつけないという。一時的によくなってもずっと続かない。そこが野球の奥深いところでもある。

多くの有名選手が、ひょっとして打撃とはこういうものかということが引退を迎える頃にわかったということを
書いている。金森選手もその一人だと思ったのだが、落合氏に至っては「いかに教えないで見てるかがよいコーチ」だと言い切る。つまり、聞かれた時に「こういう方法もあるよ」とアドバイスするだけで教え過ぎない、要は「自分で考えなさい」ということだ。(プロの話ではあるが)

私も、息子にこだわった点が、少しずつ変わっているのが気がかりではあるが、本人しかわかららいので黙っている。
よくコーチの指導で、バッティングの構えや、スタンス、スイング軌道を大改造するという話も聞くのだが、
家の改造なら、全く違うものでも住みやすく、ちょっと見栄えがよければすむのだが、ことバッティングはタイミングという本人しかわらないものがあるので、そんなに一度に変えてよいものかと思ったりする。

例えば、3つもポイントを変えても、二つは非常によいのに、一つが悪いために全く上手く連動しないこともあるだろう。

打撃改造についていろいろ思うがありますが、今日はひとつだけ
改造前の自分の形を覚えておくこと。
 例えは悪いかもしれないが、私は昔、車で道に迷ったりしたら、兎に角、まあ少し先へ行ってみてから・・・という主義だったが、全くの方向違いで、遠回りどころか、どこにいるか判らなくなることがよくあった。
 長年の経験から、今では道に迷えば、すぐに引き返して最初から考えるという知恵がついた。
 打撃改造にも当てはまるのでは。
 スランプの原因なんて、疲れかもしれないんだよ。(これは落合氏の言葉)



このテーマでの第1回は 立浪和義さん

これまでの野球人生でいろいろ経験したことを総合するとバッティングは
(1)いかにゆっくりとタイミングをとるか
(2)いかにボールをポイントまで引きつけるか
(3)いかにしっかりと軸を固定して、回転して打つか

という3つだけ、その時点で自分に何が欠けているのをみつけてそれ以外は考えないようにした。
調子が悪くなるといろいろなこと考えて、余計なことをしてします。
向上心も大事だが、難しく考えるときりがない。 「負けん気」(P210、211より)
負けん気負けん気
(2010/02/16)
立浪和義

商品詳細を見る


この本、今日図書館へ返却するのであわてて書きました。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。