スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチボールを再考する(7)

  • 2012/09/24(月) 23:50:46

キャッチボールを再考する(7)
ー 一番実戦的なステップは何だろうー

このテーマもどこで終わろうかと思いながら、実はこれを書きたかった。

先週の愛知県の高校野球秋季大会で、同じ思いのキャッチボールがあったので、迷わず話します。

あまり馴染みがないかもしれませんが、最近力をつけてきた愛産大三河と復活をめざす中京大中京の対戦。
ここでも試合前のキャッチボールに注目です。
実は高校野球にも、キャッチでわかるのだが、それぞれの個性を重視する放任型と基本を徹底型がある。
才能のある選手の軍団は放任型でも試合経験さえつめば、あたり前だがかなり強い。
基本徹底型は、俊敏な動きに加えて、全員が同じ動きをする。つまり徹底されている。

この両チームでは以外にも、三河が放任型であり中京が基本徹底型であるようだ。

話をキャッチボールへ戻そう。
中京のキャッチボールは何が徹底されているのか。
それは、三歩での送球である。
捕球したボールを、基本である軸足を前に出してからすぐに投げるのではなく、 塁間の半分ぐらいの距離からはもう三歩での送球を徹底している。

この三歩と言えば、思い出すのが、当小学校のコーチとして春先に元中日の井上さん(現中日スポーツ解説者)がノックの際に、まずは捕球して三歩で送球することを教えてもらいましたが、それなんです。

余裕がある時だけでなく、ボテボテでなく、深いところでなければ、しっかり捕球して、ほとんどの三歩で間に合う場合が多い。 このステップが上手くできれば、ボールは強くて安定するからである。また、勢いよくダッシュしてもあわてて投げれば上体が前へ移動してバランスが悪い。 

こう言ってはなんだが、キャッチボールの練習で一番使うステップを練習していないということに気がつくべきである。

最終的には、一歩での送球、二歩での送球、三歩での送球が臨機応変に出来るのが理想ではあるが、素早く投げる練習だけでは、余裕がある場合、足と上体と手の振りのバランスがとれなくて以外と暴投もあることはみなさんも経験あることと思います。

そこで、新しい野球の基本として、三歩ステップでの送球をあげたい。
そのために、最初の1歩が軸足を前に出すことが基本の基本になるわけです。
(この題での次回はそのステップのある動画を紹介します)誰が先生かな!?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

気がついたことはまたメールお願いします。

こんにちは
> この前の軸足をステップしてから投げる!
> 早速実践させています。
いいですね。

> 良く監督コーチなんかは、無理して投げたら悪送球になる!
> 間に合わないのに投げたら悪送球になる!
> とか、言われますよね?
> 僕はこれには反対なんです。
> 僕の考えは、体制が悪かろうが間に合わなかろうがしっかり相手の胸(グラブ付近)に投げれるようになれ!
> 子供に常日頃から言い聞かせてます。
これは考え方の違いでしょうが、ほとんどの指導者は間に合わなければ投げるな!でしょう。
送球の練習だからというのであれば、別ですが、判断も大事です。割れを作り、ステップをして、送球るす態勢を作りながら、投げるか投げないかを判断します。
これができれば、投げようと直前まで思っても投げないのであれば、そこで止まります。
これがしっかり出来ていない子は、投げようとすると途中で止めることができません。もう手が動いてしまっているからです。小学生の試合で、投げようと思いとどまったのですが、手が止まらずに地面へボールを叩きつけたことがありました。
> その為にここで書かれていた、握りや割れ、グラブの芯で取る、ステップをとにかくうるさく言ってます。結果いま三年生ですが握りは目をつむってても2シーム4シーム握り分けれるようになりました。基本て結局キャッチボールに全て集約されてるんですよね?

それは頼もしいですね、指先でボールを上へ上げることは、投手に限らずやっておくといいですね。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2012/10/09(火) 21:43:20
  • [編集]

この前の軸足をステップしてから投げる!
早速実践させています。
良く監督コーチなんかは、無理して投げたら悪送球になる!
間に合わないのに投げたら悪送球になる!
とか、言われますよね?
僕はこれには反対なんです。
僕の考えは、体制が悪かろうが間に合わなかろうがしっかり相手の胸(グラブ付近)に投げれるようになれ!
子供に常日頃から言い聞かせてます。
その為にここで書かれていた、握りや割れ、グラブの芯で取る、ステップをとにかくうるさく言ってます。結果いま三年生ですが握りは目をつむってても2シーム4シーム握り分けれるようになりました。基本て結局キャッチボールに全て集約されてるんですよね?
長文失礼しました。



  • 投稿者: ウイングス
  • 2012/09/26(水) 04:32:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。