スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチボール再考(2)

  • 2012/07/30(月) 23:53:16

キャッチボール再考
ー高校野球の試合前のキャッチボール(2)-


キャッチボールをする上での基本は何かという点では、特に大事なものは何回も紹介してきました。
それにこだわるあまり、メリハリのないだらっとした時間が過ぎることもあります。

練習の中に変化をつけることで、集中させ目的意識をもたせてみたらというです。
それを高校野球や社会人野球より試合前の練習から拾ってみると企画です。



キャッチボールの号令のもと、向き合って、肩を回したり、腕を前へ出す簡単な体操(私は肩々体操と呼びますが)をするチームは今では結構あります。10チーム見れば2校ぐらいあるでしょうか。
そこから短い距離でキャッチボールに入りますが、あるチームは7~8mの距離で、両足を肩幅ぐらい開いて足を使わないで手だけで投げます。

ここでは、肘を上げて「ぴゅっ」投げるわけですが、大抵は肩の高さまでで振りきるのがほとんどです。
肘を支点に手を振ります。いわゆる内野手のスローイングです。
よく、初心者の練習で片ひざをついて行うことありますが、高校ではさすがにここまではありません。
号令とともにみんなが同じリズムで行うチームも1チームありましたが、これが揃っていると強そうに見えます、足を使わない分、イチ、ニーの号令に合わせやすく、素早く握って投げるにはよい方法だと思います。

ただ、小学生では、肩の高さまで振りきるというより、しっかり肩を入れるこのことにこだわったほうがよいと思います。つまり、最初は投手や外野手のフィニッシュの形を作ります。
右肩が下がり、あごが肩につくことを意識します。
まずは、まずこれを10往復ぐらい毎練習の最初にやります。
(つづく)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。