スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投球の基本 その4

  • 2012/06/11(月) 21:38:17

投球の基本 その4
ー送球はステップで勢いをつけることが大事ー


前回は、捕ってから早く投げることはそんなに練習しなくてもいいよ。
と書いたんですが、あまり指示は得られなかったのかも。
ただ、あくまでも小学生というか、しっかりと投げれるまではです。

そのヒントは、井上さんの野球教室の中であったのですが、彼は三塁に選手(小学校3、4,5年生)を集めてノックをして、一塁への送球をする練習の際に一つのルールを言いました。

捕球したら、必ずニ歩一塁へ向かって歩いて(ステップして)から投げるように。勿論、軸足を投げる方向へ踏み出すこともあります。

どうしても、早く投げようとする子供達には、このニ歩は余裕かなと思いましたが、結構難しいです。
つまり、一歩になったり、三歩や四歩になったり・・・。

私はすかさず、この練習後にその意図を聞いてみました。
すぐに投げない理由やなぜニ歩なのかということです。
井上さんの答えはこうでした。

捕ってすぐ投げることは、試合になればいやでもやってしまうよ。あわてて投げようとするからね。そんなことより、子供達はしっかり捕球をしてからしっかり投げる形を作ることが大事。

わたしも、素早く投げるのは、グラブのボール掴んでから、割れを作ることと、送球時の足のステップとの組み合わせですから、これが出来ないのにすぐに投げろなんて、野球の上達を遅らせるます。

今はノックでも、まずは捕球してから、ステップ間にボールをしっかり握ること、必ずステップすることを徹底していますが、正確性や強いボールがいくことだけでなく、一塁までの送球時間はこのほうが早いんじゃなかな。

最近、社会人野球の都市対抗野球の東海予選で2日ほど、岡崎へ足へ運んでいますが、三塁手も、回の初めに
サードもショートもセカンドでもファーストから投げられたゴロを捕球してから、2歩(又は3歩)のステップをして送球しています。基本は捕球してからの数歩のステップです。

今日のことば:2歩ステップして自分から送球のリズムを作って送球するほうが、実は基本でかっこいいことを教えよう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【投球の基本 その4】

投球の基本 その4ー送球はステップで勢いをつけることが大事ー前回は、捕ってから早く投げることはそんなに練習しなくてもいいよ。と書いたんですが、あまり指示は得られなかったのかも。ただ、あくまでも小学生というか、しっかりと投げれるまではです。そのヒントは、...

  • From: まとめwoネタ速neo |
  • 2012/06/12(火) 00:26:54

この記事に対するコメント

ヨッシーさん、ご無沙汰してます。

ステップを踏む…いいですね!

以前、貴殿の記事にボールの縫い目に指を引っ掛けると言う記事が
有りましたが、ステップを踏めば握り替えの時間も稼げますね。

握り替えに時間の掛かり、ステップが多いという事もありましょうが
確実な送球の為には必要に感じます。

  • 投稿者: 万年補欠
  • 2012/06/12(火) 06:58:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。