スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転の発想

  • 2012/02/27(月) 22:32:27

逆転の発想
ー間逆のことからきっかけをつかむー


つい最近、巨人の坂本のバッティングを見て、張本さんが上半身はつっこんでいますという解説をしていたのですが、素人目にもそうかなと思えるものでした。

解っていても直せない。ようは体がその動きを覚えてしまっているというというのも一因か。
そういう意味では以前にも書いた覚えがありますが、全く逆の動作をしてはどうでしょう。

そんな動きは駄目ダヨと言われても、不思議なもので30分や1時間ぐらいの練習でそうのような動き
が身につくことはまずありません。脳には「形状記憶合繊(金)」で、もとにもどろうとする機能がついているように、さも何もなかったように、「もと通り」になるものです。

要は、きっかけ作りとして、全く逆のことをするのは、一つのアイデアでもある。



今日の中日スポーツにもその典型的な練習方法があった。

直倫、井端の教えでスランプ脱出2012年2月27日 紙面から
 中日・堂上直倫内野手(23)が、井端のアドバイスで、打撃不振のトンネルから脱出できそうだ。
ショートのポジションを奪おうとするライバルに、井端が教えたのは、何とアッパースイング。
これは井端自身からの経験からあみだした練習方法でもあった。
井端によると、試合ではダウンスイングを意識した打撃でタイミングを外されると、上半身がつっこみがちになる。
そうなると上半身と下半身のバランスを崩す。これが重なると打球が飛ばなくなったり、差し込まれたりする。
それを突っ込まないように練習で調整するのだ。アッパースイングではとにかく上体が突っ込まないことを意識する。
井端はいう。
「練習ではアッパースイングをして、試合でダウンスイングを心掛けるぐらいがちょうどよい」
助言から5日後には結果が出て「内角もさばけてセンター方面へ強いライナーが出だした」というから試してみる価値はある。

居残り特打で打ち込む堂上直=北谷公園屋内練習場で(隈崎稔樹撮影)
donoue

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。