スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜高校はここまでやっている 

  • 2011/11/27(日) 22:37:09

チームを強くするアイデア
ー横浜高校はここまでやっている 一塁コーチの役割ー


神宮大会は高校も大学も愛知県勢負けてしまいました。
高校では名電が勝てば、東海地区の選抜出場枠がプラス1でしたので、市岐商or至学館が選ばれる可能性があったのに地元としてはちょっぴり残念。
前回、名電は打てないないなと書きましたが、反論されそうです。
それでも光星学院(東北・青森)は自身を持って野球をやっているというか、見事な逆転でした。やはり打球が違う感じです。それでも、走塁が半端でなく驚嘆です。外野が滑り込んでショートバンドで捕るような打球を、セカンドランナーが躊躇することなく三塁ベースを回っているから、スタート打球判断がすばらしいのでしょう。

試合後バスに乗る光星学院の選手の声を拾った方が書いていました。
“やっぱ神村学園が一番強かったな、負けると思ったわ”
全く話が違いますが、北海道の北照高校(小樽市)は小さな学校だと聞いていますが、野球は強いんだね~。

実は、甲子園で勝ち上がるにはセカンドランナーが1本のヒットでホームを踏む確率がかなり高いのが分かる数字があります。また紹介しますが、一番高いのが、全国を制覇した駒大苫小牧高校です。どれぐらいか想像してみて下さい。おそらく、弱小チームでは高校でも2割あるのかな?という気がしています。
おそらく、この両校も相当高いでしょうが、横浜高校もかなり高いですよ。



今年の甲子園で、横浜高校の1塁コーチを見てこれを発見してこれをいつ紹介しようかなと思っていましたが、帝京大可児高校もこれをしていましたので書くことにしました。私が知るかぎり2校となりました。

一塁コーチは、セカンドランナーに向けて、手旗信号のように両手を上げたい、下げしています。
最初は何をしているのか解りませんでしたが、ショートの動きを教えています。
 つまり、
どちらかの手が挙がっている時は注意しろ(後ろにいるぞ!) 
ショートが戻れば、両手を肩まで下げて(セーフの形)もう大丈夫と知らせています。
(正確にはわかりませんので憶測です)

 ランナーは投手を見て、セカンドを見て、一塁コーチを見て大変でしょうが、そこまでやるのか横浜高校という
思いでした。しかし、そんなに手が上下に動いているように感じはありまませんでしたので、重要なのはショートは大丈夫だよという(両手を開いてセーフ)の動作がいいなと思いました。
まだまだ今は少数派のコーチの動作ですが意識付けには非常に良い。さすが横浜高校と思わせました。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。