スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右打者と左打者は打ち方が違うのか? その2

  • 2011/11/03(木) 21:27:50

新打撃理論
ー右打者と左打者は打ち方が違うのか? その2ー


この題で少し前に書いたのですが、いろいろコメントを頂きましたのでまた紹介します。
このテーマは奥が深い。
実は、ある読者の方からこのテーマについて書いた後、「左重心で運動能力は劇的に上がる! (宝島社新書) [新書] 織田 淳太郎 (著), 小山田 良治 (監修)
を読んでみてはどうでしょうか?右足と左足の機能の違いについて書かれていて、お悩みの右打者と左打者の打ち方の違いについても記述があったと思います。

というコメントを頂き、早速読みましたが、正にドンピシャの内容でした。
これにより、スイングの違いも判った気がします。

左重心で運動能力は劇的に上がる! (宝島社新書)左重心で運動能力は劇的に上がる! (宝島社新書)
(2011/06/10)
織田 淳太郎

商品詳細を見る

一つの理論でしょうが、アスリートはすべて左重心だという著者からすれば、確信でもあります。


なぜ、左重心なのか? それは陸上のトラック競技がなぜ左回りなのか、理由は走りにくいことこの上ないという。そう言えば野球も左回りですね、らせん階段も・・・、自転車の片手ハンドルも右ハンドルでは安定しない。

左の股関節では前方へ動く力を生み、左股関節は後方への動きを生みだす。それが左打者と右打者のスイングの形に影響する。

マラソンなどで、私もどうして高橋尚子や増田明美選手が手の振りが左右で違うのかなと思っていましたしがその理由に納得してしまいました。
小見出しが野球に関することが多いですし、金森コーチはなぜ右打者の成功例が多い? 左打者と右打者とは教え方が違うのか。

コーチ泣かせの本でもあるといえるかもしれません。
本の紹介に感謝して、みなさんにもお勧めしますが、みなさんの持論が変わらないように・・・。(つづく)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2011/11/08(火) 22:01:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。