スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きづきについて考えてみる

  • 2011/09/29(木) 07:09:04

チームを強くするアイデア
ーきずきについて考えてみるー


ここのところ技術論でなく精神論的なお話になっていますがお時間を拝借します。

野球の面白いところは、上手いものを集めただけで勝てるとは限らないということです。
いいすぎかもしれないですが、ジャイアンツやタイガーズの年俸だけを見ればどうして勝てないかが不思議だと
思うでしょう。

野球というスポーツが個人競技ではなく、団体競技であり、チーム一丸で勝利に向かっていけば、最初から負けとあきらめることはないのです。

最近の高校野球においても、(外から見てるだけですが)以前のように、格が違っていても「あの○○高校には勝てない」という、気遅れしていない気がします。
俺達だって必ず勝てるという気持ちや雰囲気がある。

それは、野球は考えることが必要だということです。
つねに、なぜ? この場合は? ということチーム全体で考えているチームには必ずチャンスがあります。

そう、野球には「頭をつかうこと」が必要なのです。
裏を返せば、教えられただけではそれ以上のことは出来ない。

ある指導者は、“選手が気づくまではあえて教えない“といいます。
今回のテーマは「きずき」です。
先日の高校野球岐阜県の大会でベスト8に残っているチームでこんなことがありました。
二塁ランナーのベルトが切れてしまったようです。
これも、その選手が日頃自分のベルト(道具)に注意をしていれば起こらないことでしょうが、
問題はここからです。
タイムをかけてベンチへ帰ってきて、その選手はスタンドの選手からベルトを借りていました。
ベンチの子には借りることができませんから当然です。

そこで、一塁コーチボックスの近くでユニフォームにベルトを通しているのですが、なかなかスムーズに
通らないのです。その時すぐ近くにいるコーチもベンチからも誰も手伝いに近寄りませんでした。

それを見て、このチームの限界を感じたわけでしたが、決めつけるには悪いですが、教えられたことしか出来ないという例でもあります。

チームに「気づき」というアンテナがないのですね。
風の向き、相手の投手のクセ、野手の位置、肩の強さ、グランドの柔らかさ、試合中だけではありません。
仲間の調子、チームの徹底事項をやらないヤツ、グランドへいく途中でもゴミだって・・そりゃ何でもあります。
ACの広告ではありませんが、人が困っている時は助けてあげるというのも立派な「きづき」です。
そういうことが自然と出来るチームが勝ち上がれる可能性が高いと思います。

あれだけ他県から選手を集めて、優秀な選手揃っているはずなのに、結果がでない高校野球のチームが、2つや3つすぐに思い浮かびますが、ひょっとして「きずき」の能力を養成していないかもしれません。
-------------------------------------------------------------------
話は変わりますが、中学校の硬式チームでは、指導者や関係者がグランドに現われると、最初に気付いた選手が、
号令をかけて挨拶をしていました。キャプテンに任せるチームもあると思いますが、私はこれはよいことだなと
思っていました。
そういえば、ちょっと前に、小学校の3年生の選手が、「○○さん鼻毛が伸びてますよ」と教えてくれました。
それも知ってて言わないことを思えば、立派な気づきです。

もう一つ、最近息子と将棋をやるのですが、自分の駒だけを並べて後は知らん顔です。私がトイレへ行って帰って
きてもそのまんま。
「おいおいお前がやろうと言ってるのに、時間があれば相手の駒を並べるの手伝えよ」と言ってやりました。
こんなことも気づきではないでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。