スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011/09/23(金) 11:09:17

指導者に必要なもの
ー徹底力ー


指導者に必要なもの?
いろいろあるでしょうが、例えば、「あいさつはちゃんと立ち止まって、相手を見て言う」というものがあっても、10人中9人が出来ていても1人が出来ていなければそれは徹底されていないと見るべきです。
徹底とは完全。甘えを許さないということですが、チーム力がついてくると選手間で指摘するようになるでしょう。

指導とは、何回も同じことをいうことではない気がします。
それが出来るように導くこと。

今のチームに何が足りないかと考えた場合、じゃ~我がチームにおいて、挨拶は勿論、生活態度、授業態度、試合への臨み方、守備、打撃、走塁などどれぐらいのものが徹底されているのだろうと考えてみる。

恐らく、あれやこれやで、10や20はあるなと思っていても、違う指導者が見ればそれがほぼ出来ていない
ということもあり得ると思いますよ。

つまり、徹底の度合いが違うのですね。

私の見てきた指導者にはこのことについて、“うなるような人はなかなかいませんでした”
それでも、小学校の監督で、
①初球のストライクを振ることを徹底した監督
②初球はど真ん中しか振るな、ボール3であれば待てが多かった監督

1年ではなかなか結果でないですけど、前者は2年目からは結果が出るようになりました。



よくあるのが、選手によって扱いが違うんですね。
よく、「見込みがあるから叱るんだぞ」「叱られなくなったらおしまいだ」
と言われますが、それも一理あることは事実。

それでも、小・中学校で見込みがあるものだけに言い、何も言われない選手は寂しいものです。
だって、見込みがあるって誰が決めたのか?
トップアスリートの養成所ではないので、そこはわけ隔てなく徹底してほしいものです。

指導者に必要な能力は、「徹底力」。
自分が出来なければ、コーチや指導者にそのことを伝えることも能力です。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちわ
ステキなブログですね^^
イヤァ~な世の中
スポーツは心の健全にイイですね
(-^〇^-)

  • 投稿者: mikeppe03
  • 2012/05/11(金) 08:27:00
  • [編集]

大人から見た文面のようです。

同じ内容を子供の目から見て書いてみるのも面白いかもね

私のチームの子供は、私が同年代の頃の子供より
遥かに頑張っています。

子供はプログラム組んで思うように動くパソコンとは違うからね

運動能力の事を誰も口にしませんが、無理な子供は無理でしょう。逆に期待したらいけない子供の存在も考えるべきかもしれませんね。

  • 投稿者: -
  • 2012/01/02(月) 08:36:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。