スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレメンツが伊良部にアドバイス

  • 2011/07/30(土) 11:14:57

とっておきの言葉(12)
ークレメンツが伊良部にアドバイスー


伊良部さんまだ若かったんですね。
42歳ですか。彼は日本最速投手として有名かつ、トラブルメーカでもありましたが、実は自分を悪役として楽しんでいたようで、子供に気楽にサインをする場面なんかでこんなところを記事にするなよと言っていたそうで、繊細な方であったと報道では書いてあります。
ご冥福をお祈りいたします

彼は才能で投げている感じでしたが、かなり投球術をもっていたそうです。
投球にむらがあったので、投球のコントロールではなく感情的のコントロールが必要であったともありますが、面白い記事を2点ほど拾って書かせてもらいます。
------------------------------------------
1.1994年のロッテ時代、当時一緒に軸足の右足のかかとを上げていたが、その試合では上げないパターンも行った。
相手とのタイミングか、制球なのかは教えてくらなかったが、彼はニヤリと笑って「いろいろ工夫しているんです」とだけ話してくれた。
(当時の担当記者)
 彼の投球フォームは軸足からぐっと立ち上がって、勢いよく踏み込んでくる感じがありますが、このエピソードは投手には参考になるでしょう。

2.「僕がよくなったのはロジャー・クレメンツ(ヤンキースなどで通算354勝)のおかげなんですよ」ヤンキース時代、クレメンツに「おまえはこのままでは勝てない。空港へ行って飛行機が着陸するところを見てこい」と言われたそうだ。彼は「ばかにするな」と思いながら近くの空港へ行って着陸シーンを見てきた。

するとクレメンツから「左足はどんなタイミングで上げてもいいが、飛行機のように静かに足を地面に下ろさなきゃダメだ」と言われたそうだ。
その“金言”があったから彼は勝ち続けた。
(元広島 達川)
--------------------------------------------
 体重移動はゆっくり、前へ突っ込まないなど、人それぞれに得るヒントになり、投手には非常に参考になる言葉だと思います。“とっておきの言葉”投手編に入れておきます。
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして。
伊良部投手、日本にいた時代にもヒールアップしない工夫をしていたのを初めて知りました。
今になって伊良部投手のいろいろ投球理論についてのエピソードがたくさん出てくるのは残念ですが、そういったものを伝えていってくれるプロが増えてくることを望んでいます。

  • 投稿者: maddog31
  • 2011/08/07(日) 17:51:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。