スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライディングの方法

  • 2011/05/19(木) 23:22:30

親熱 野球教室 
ースライディングの練習方法ー

まずはスライディングの種類から書いてみます。

今最も多く使われているスライディングは「ベントロックスライディング」だと思います。
右利きの場合、右足を伸ばし、左足を右足の下に折りたたみ滑り込みます。スピードを落とさず、ベースで急ストップできて、さらに滑り込んだ勢いですぐ立ち上がれるため、クロスプレーでない時に滑り込む時に有効と言われますが、 クロスプレーでも十分に有効です。
私もこのスライディングしか出来ませんでした。

もう一つは「フックスライディング」
右利きの場合、右足を伸ばし、左足を外側に折り、左足でベースタッチします。女の子座りのイメージといえばわかり易いでしょうか。 クロスプレーの時に、体へのタッチを避ける時に有効と言われ、盗塁が得意な選手は使っているようです。

じゃ~どちらが良いかという問いには、「ハイ こちらです」とは言いづらいのですが、
入り易いという点では「ベントロックスライディング」でしょう。

伸ばさない方の足を下に組み入れるので、経験のない方は難しいような気がしますが、コツさえつかめば簡単、それにどんな時もこれだけで通用します。
写真を3枚紹介しますが、イチローはホームベースでもやっていますが、駆け込むより怪我をしないというから、このようなスライディングをするようです。 (うろ覚えなので間違っていたらゴメンナサイ)

スライディング

スライディング ベニー

イチロー ホームスライディング

練習方法ですが、よく言われるのが砂場を使うというものですが、怖がる子にはいいかもしれません。
もちろん最初はゆっくりとしたスピードでやるのが普通でしょうが、私は
(1)まず足の組み方を座って教える
  その子の利き足があるので、どちらでもよいと言われますが、右足を伸ばす選手が圧倒的に多いので、どちら  か分からない子には、右足を延ばす(左足を組む)方を勧めてください。
  これには理由があり、ベースの外側へ足が着くのでタッチをかいくぐれる可能性が高くなります。
(2)スパイク(靴)の底が地面に着くことがないことを教える
   (写真参考)  怪我をするのも滑らないで靴底でストップしてしまうことが多いと思います。
   伸ばす方の足は少し上げるぐらいがよく、つま先が上です。
   織り込む足は靴の横側(紐が少し触るぐらいでしょうか)地面に接触します。
   これが結構難しいので、ゆっくりと無意識にこうなるように練習します。
(3)体は正面(上)を向きません。
   上半身は斜めになることも初心者では難しいです。無意識に上を向いてしまいます。
   そうすることで、別の表現ではお尻半分で滑ることが出来ます。
   お尻の土の付き方を見れば一目瞭然です。

 練習場所について付け加えておきます。
 雨の日に体育館で厚い靴下をはいてやれば、滑りやすいので感覚は分かってきます。
 それに滑る坂道で足を組んですべるという方法も紹介してありました。

 最初はゆっくりから、スピードアップして、最終目標は減速しないで、スライディングの立てるようなるまでできるようにしたいものです。
 必ず1人や2人は上手い子がいますので、その子を褒めてみんなの手本にさせます。 (コーチ監督が出来ればよいですが・・(笑)
 「スゲ~」「上手いな~」意外と誰でも素直に認めてしまいます。
 
 最後に「ホップ・ステップ・ジャイアンツ」「走塁」で検索すれば体育館での練習などが紹介されていましたのででここに入れておきます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

文字化け

スライディングのツボ
三項目に
「まる1」「まる2」「まる3」と書いたのに、「?」に文字化けして、
…まるで疑問があるみたいでスミマセン。(^^;

疑問ありませんです(笑)文字化けです。

  • 投稿者: windup
  • 2011/05/21(土) 08:36:58
  • [編集]

ありがとうございます

ヨッシー様、ご教授ありがとうございます。
?つま先が上
?ヒモが前
?お尻半分
早速、今日からチャレンジしてみます。

すべり台もヤってみます。(^^/
ありがとうございました。

  • 投稿者: windup
  • 2011/05/21(土) 08:28:48
  • [編集]

何時も楽しく拝読させていただいてます。
チビッコのスライディング練習はスベリ台を利用しベントロックスライディングをするとすべる感覚が掴めるようです。

  • 投稿者: 東浦和
  • 2011/05/20(金) 08:25:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。