スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライディングの練習方法

  • 2011/05/17(火) 23:34:01

野球教室 その2
ースライディングについてー

Q: ぜーんぶ、スタンディングだったチームがスライディングに挑戦したいわけです。
何をどのあたりからチャレンジしたらよろしいでしょうか?

スライディングへの質問ですね。

私はスライディングは出来る子はやる、出来ない子はやらないという次元でなく、すべての選手が試みるべきだと思います。

実は私がちょくちょくいく小学校のチームも驚いたのですが、スライディングの練習をしていないということでした。
そればかりか、ある子がスライディングで怪我をしたので一度みんなやめさしたと。
それからチーム全員が、ホームでの回りこみを除いてスライディングをしていないとのこと。
それじゃチームも盛り上がらないじゃないかな!

スライディングは小学生では危ないとことであれば、あえてスライディングをしないで、急に止まることのほうが
危ないのはないか。相手の野手と交錯する危険も高い。要は正しいスライディングの方法なのです。
 体が身軽な小学生ぐらいで体得しないと、上ではより怖がってしまうかもしれません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

早速、その日からスライディングの練習をしばらくしたのですが、出来ない子はやはり出来ませんでした。

それでもですよ、「投げること」「打つこと」などで練習に使う時間に比べて、走塁の中でもスライディングの方法の練習なんて100分の一ぐらいあるのでしょうか(笑)
ですから、最初は上手く出来なくて当然なんです。

コツさえ教えれば、2/3ぐらいの子はそれらしい滑りはすぐやります。

出来ない子は、怖がる、お尻を使えない、ジャンプしてしまう、足を上手く折りたためない(スパイクの裏底が地面についてしまう)などですが、恐らく スライディングが出来ない子は「跳び箱」も苦手ではないかと推測します。

よくノックでも個別でやりますが、出来ない子は根気よく個別で教えてみてはどうでしょう。
5年生の転校生の子が一番スライディングがスバ抜けて上手かったのですが、その子に聞いたのですが、「練習をちゃんとやっていたよ」
 次回はその練習方法を・・・(みなさんにもよろしく)
(つづく)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: スライディング練習

お初ですか。これからもよろしく。

低学年は怖いでしょうね。私も55才ですが怖がって出来ません。(笑)
怖さを取り除くことが大事ですが、やはり、スライディングこそが怪我の防止にもなることだと思います。
ただ野球だから怪我は必ずありますが、スライディングが原因でなく、教えていまかったことが原因ということもあります。
少年野球ではタッチが甘いので、ベース際でスピードが落ちない滑りなら審判もつられてセーフかもしれませんね^^

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2011/05/20(金) 00:41:07
  • [編集]

スライディング練習

初めてコメントさせていただきます^^
あつ坊と申します^^

僕は少年野球のコーチをしていますが、スライディングって低学年の子供ほど怖がって出来ない印象があります。
スライディングは怪我の防止にもなりますし、何よりも、ベース際でスピードが落ちないので滑らないよりもセーフになる確率が上がりますよね^^

  • 投稿者: あつ坊
  • 2011/05/19(木) 22:19:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。