スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球好調選手からヒントをもらう

  • 2011/04/23(土) 11:06:57

プロ野球好調選手からヒントをもらう
ー打つときに奇声を発するー


自由報道協会主催 孫 正義 記者会見
http://www.ustream.tv/recorded/14195781

ひょっとして電気関連事業会社へ彼のエネルギーは向かうかもしれません。
最近の識者の講演では、面白くみれました。
原発は一番コストが安いというものを信じていた国民には解りやすい。

小学生の間で流行ってる笑い話。
保安院全員あほ!
上から読んでも、下から読んでも同じだとはね。

それでも太陽光の売電ですが・・・
ドイツでは首相が古い原子力発電を休止させたというし決断は早い。
でも買電により電気代の値上がりがおきているというからいろりろ問題はありそうですが、少なくとも安全ではピカイチですかね。
-------------------------------------------------------------
さて、プロ野球も開幕をして少しですが、中日打てません。
打撃改造の和田なんかも1割台ですが、「オープンスタンスをスクウェアにすること」ってかなりな冒険じゃないでしょうか。
腰は勿論ですが、肩もスクウェアですから・・・。
ボールの見え方がまるで違うし、タイミングが難しいんでしょう。

そこで思い出したのが、オリックス時代のイチローですが、センターから見ていると、「調子のいい時は背番号の「51」の
1しか見えないのですが、悪い時は5も見えた」
と、佐藤義則投手(当時オリックス)は言っています。
5が見えるにはおそらく10度ぐらい?のわずかでしょうが、肩が入りすぎるのはよくないのでしょう。

それから、今年の外人のバッターって例年より不調のような気がします。
中日のブランコ、グスマン、西武の二人、ソフトバンクのカブレラやヤクルトの誰だっけ(笑)、
パワーを売り物にしている外人にも、ひょとして“飛ばないボール”の影響があるかもしれません。
小笠原や和田もボールの影響?
------------------------------------------------------------
そこで、今年のプロ野球でボールの影響を受けないの絶好調選手のバッティング秘話を新聞から拾ってみます。

外野手4年目(22歳)広島 丸 佳浩(千葉経大付)
広島のことに疎い私はヒーローインタビューで初めて知ったのですが、赤松の代役だったんですね。
「顔のでかい丸です」ということですが私にはデカイというより四角い丸のようです。

彼は毎試合後に必ずノートをつけているという。「守備の反省からピッチャーのクセまで書いています」
ノートを書くには高校時代から、監督の方針でノートを持っていないとグランドへ入れなかった。
毎日ノートに目標を書いて、それを手にみんなの前で宣言していました。高校の時代だけで20冊ほど。
プロに入ってからは大きいノートなので5冊ほど。

私もノートをつけるは何回も主張してきましたし、けっしてめずらしくはないでしょうが、簡単なことではないことは確かです。
チームの方針、つまり強制。私が監督ならさっそくやります。

今回の紹介したい点はここです。
打撃練習では打つたびに「シュー、シュー」という奇声を発している。
「もとから打つ時に息を吐いていたんですが、ある時先輩が『シュー』と言いながら打っているのを見て、
何となく言ったのがきっかけです。自己満足といわれればそれまでですが、自分の中ではそれをやることに
よって体の力を抜いて打てるようになりました」

どうでしょうか、よいバッターはやはり「力がぬけている」というか「力を抜く方法を実践」しています。
中京大中京高の河合選手のネクストバッターサークルでの腕立ては有名ですが、バッターボックスで息を吐く、軽くジャンプ 、肩を揺らすなどは実践している選手もいるでしょうが、打つ時にやるというのは意外でした。

それでも、バットを振りだす瞬間に言うのか、振っている間中言うのかわからないのですが、みなさんはこの言葉でどう判断されますか?

今日のことば:打撃練習では打つたびに「シュー、シュー」という奇声を発している。それをやることによって体の力が抜けて打てるようになった。  広島  丸 佳浩選手

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

「シュー」の答え

拓さん、万補さん貴重なフォロー嬉しいです。
自分でも疑問でしたが、少し感じがつかめましたので、私の指導の「つぼ」としてしまっておきます。

「シュー」「シュー」は打つときに発するものらしいということですね。

万補さんの「ナ~イスバッティングはゴルフでいう「チャー・シュー・メ~ン」と同じでじゃないですか。
私は、もう30年ぐりい前、ラウンド中にこの話を聞いた時には、笑ってまやかしだと思いました、それでも
振りのリズムのことだろう、つまり「急いで振っちゃいけないと」いうことだと。

しかし、丸選手の話し、「シュー」や、たくばばのイチローは打つときに息を吐いている(私も確かめましたが、口が膨らむぐらい息を吐いていました)を聞くにつけ、これは、体の脱力のためかどうかわかりませんが、バッティングの極意の一つだと感じました。

ここで、息子にもまた助言して・・と言いたいんですが、「この極意はまだしまっておきます」。
というのも、バットを振るんじゃなくて、ねじり放り投げよ」を少し強調したのか、どうもタイミングが合わなくなったというのです。
それでも、間違った方向ではないと私は信じています。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2011/04/30(土) 22:45:34
  • [編集]

矯正

追伸、
もうひとつ発見しました。投げるトップの形で左肩が三塁に入っていました。…終いはやはり、親指が上を向いてます。

  • 投稿者: windup
  • 2011/04/28(木) 21:52:18
  • [編集]

矯正方法

はじめまして
小学5年男児捕手の父親です。去年の夏位から楽しく勉強させていただいております。(勿論第1回目まで読破しました。息子には内緒でw)
今回のエントリーからは外れてしまうのですが、ひとつ教えてください。 Q:小学5年男児、ちょっと太めの右投手です。審判から注意を受けるほどの『ナチュラルなスライダー』に悩んでおります。先生の教えに当てはめてみますと、どうやら"ゼロポジション"と"肘から先の捻り親指下"あたりに問題がありそうなのですが、すっかり沁み込んだ悪い癖(経験4年)を治すのはたいへんです。どうすればイイのでしょうか?お忙しいところ恐れ入りますが、どうかご教授をお願いします。

  • 投稿者: windup
  • 2011/04/26(火) 15:35:59
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2011/04/25(月) 17:21:10
  • [編集]

イチローは打った瞬間に息をふぅ~~と吐いていますよね。
http://youtu.be/w_xDppyqUTY

  • 投稿者: たくぱぱ
  • 2011/04/24(日) 10:39:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。