スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神主打法を本人自ら指導する (3)

  • 2011/01/30(日) 22:23:09

神主打法を本人自ら指導する (3)
ー落合監督は何を言っているのかー


今回は柳田殖生に打撃指導する落合監督です。

ここでは、いつものように、前脇が開かないことをおきまりのように言っているようですが、比較的にわかりやすいです。

柳田殖生を指導

フィニッシュの納めるところ(箇所)をさかんに言っています

ここでは“前の腰(投手側)が上がってしまうと、フィニッシュが高くなってしまうよ“
と言っているようです。

少しだけ声が聞こえます。
「構えているところがこうだろ、どうしてそこから上へバットを振り上げる必要があるの」「そのままだよ」

よく素振りでも大きく前へ高く前腕一本でフォローする選手もいますが、ここで落合監督が示しているのはいわゆる腰が上がってしまうか、脇が開いてしまう明治の大砲型の悪い例です。
“フィニッシュの手首は肩口へ収まるんだよ”ですね。

これは立浪選手のバットの納めるところは肩口へ低くところと同じです。
立浪

そこで、今回のテーマは平行です。

腰の回転を平行にさせるということです。

後半では、「腰の回転にヘッドはついてくる」「ボールを払うように打ちなさい、ティーは打点をもっと前に持ってくるんだよ」

こうやって見てくると、バッティングの指導も基本的なことは一杯あるのですが、特別なことを言っているわけではなさそうです。
 それでもどうしてこんなにみんな違うのか不思議です。(つづく)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。