スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

  • 2011/01/05(水) 23:55:49

あけましておめでとうございます。

みなさんはどのような正月だったのでしょうか。
私はどこへもいかない正月をここ数年過ごしています。
まあ妻の実家へ1日いくのですが、あまりにも近いので・・・・。

さて、昨年のベストセラーに「「もしドラ・・」がありましたが私も読んでみました。
これって、もし「ドラゴンズが日本一になったら」という題ですかと言う方は相当感度が鈍い!!
といいたいですが、実は私も相当鈍いんです。

「トイレの神様」 とかいう歌を初めて紅白で聞きました。すこし“ほろり”としたのですが、その後、マイケル・サンデル教授の「ハーバード白熱教室」を初めて目にして録画までしてみたのですが、どうもよくわからない。それでも哲学を知った気になるから不思議です。

さて、「もしドラ」に話を戻せば、その中でドラッガーの「マネジメント」という著作からのいろいろな言葉から引用されているわけですが、迷った時に何を考えるのか?
そうですね。常に顧客とはだれか? これを考えなさいということです。

野球部は「親」も「学校」も「高校野球野球ファン」も顧客になる。それに「マネジャー」や周りの支援者、「野球部員」だって顧客である。
それは何で結ばれているのか、それは《感動》である。
“そしてみんな野球に感動を求めているのだわ”と主人公は言います。



あえてみんな口には出さないですが、知っている、野球に何かがあると・・・。それは意外性と、必ずどこかで感動の場面が訪れるんですよね。
それも「トイレの神様」ならぬ「野球の神様」がいて(笑) 

今年1年、その感動に出会うために、息子を追っかけようと思います。

さて、この小説実はNHKでこの3月にアニメ化されるということなので、もう一度ブームになることは間違いないでしょう。
もし高校野球の・・

本年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。