スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中はどこでするのか

  • 2010/12/07(火) 21:45:44

集中はどこでするにか
ーキャッチボールでのヒントー


古田選手のキャッチボールの際のステップは意外と新鮮な話題だったと思います。

恐らくここまで教えているいるチームはないでしょう。
相手のボールがいろんな方向にくるのなら、それにした対応があってもよい。

たまに小学校のチームに顔をだして練習を見ていると、野球教室で言われたことを金科玉条のごとくワンパターンで行っているのが気になりました。

あえてキャッチボールで一言いえば、小・中学生では(相手が投げた)ボールはどこへくるかわからないというこです。
それなら「どこへくるのか判断する方法」を身につけることです。
左右に逸れるだけでえなく、高いボールではジャンプすることもあるのですから、そんなに急いで前へステッップする必要はないでしょう。

ボールをいかにどこへくるかに瞬時に見極めることが大事です。

その意味では、中学軟式野球で全国制覇した監督が言っていたと思いますが、気にいっている言葉は、
相手の手からボールが離れる瞬間に集中しなさい。 です。

あなたが初心者のコーチであってもこれを一言ぶちかませば、「あのコーチやるな」と思われる可能性は十分あります。
いかに速くそのボールが自分のどこに飛んでくるのか、そのボールの強さ、方向を感じとれるかです。
それでこそステップが生きてくるのです。

よく集中しろ!と誰でもいうのですが、集中するところを教えてあげるのがコーチの役割であるのです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。