スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内野手のヒント

  • 2010/11/21(日) 01:04:15

グローアップ講習会 H22.11.20 その2
ー速く強いボールを投げるー


昨日の続きですが、今回は私が常々思っていたことで、話を聞いて確信しました。これはかなり為になるでしょう。

速くなげようと思えば、イチ・ニーで捕ってすぐ相手へ投げればよいでしょう。
しかし、塁間ぐらいや、三塁から一塁、ホームでランナーを刺すなどの少し距離がある送球では、速くて強いボールが必要です。

安定した送球を、 「速くて、強いボール」を投げるにはキャッチの技術や足の方向、手振り以外に必要な要素があるのではないか。
それを思いながら、胸に秘めていたことがありました。

それは・・・・「ジャンプをすることです」

この講習会でも、軸足を前に出すキャッチボールの後での、「ゴロの捕り方と送球」がありました。
その中でゴロの捕球の姿勢はまたどこかで話してみたいと思いますが、素早く強いボールを投げる為の練習方法としては、 「ます第一段階として、捕球後軸足をその場でジャンプすること」をして下さい。

この中で、大げさですが「これが出来ればプロも夢ではない」とまで言われたのが印象的でした。

この講習会はこれだけで満足でした。 私も軸足をジャンプすれば強いボールがいくと思っていましたが、ここまで明快に言われたのでもやもやが晴れました。 (久々の五つ星)
(つづく)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/11/21(日) 20:27:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。