スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新打撃論 ー首位打者になる方法教えますー

  • 2010/08/26(木) 19:05:26

新打撃論
ー首位打者になる方法、教えます」 福浦和也の場合 -


今年のプロ野球、ロッテの福浦が往年の打撃を取り戻している。
かれの構えの特徴は何といっても、バットを寝せていることです。
それもヘッドは投手よりに少し向いている。

福浦

少なくとも、このような構えは少数派である。
アマチュアでは、よくバットを寝せていても、ヘッドは捕手よりが多い。

そんな彼の、2001年首位打者を取った時のインタビュー「首位打者になる方法、教えます」からヒントをもらいます。

その1:自分のいい状態のビデオと、その日打てなかった打席のビデオを見比べてフォームのチェックをする。

その2:チェックポイントは構えた時の背筋の伸ばし方。ピンとではないが、張り気味になるようにしている。

Q:バットを寝かせぎみに構えている理由は?
福浦:今までの構え方は極端にいえば、構えた位置からトップまで時間がかかったいました。だからそれをなくしてトップの位置からそのままバットを出せるようにし、ほんの僅かな時間ですが、早めに指導できるようにしたのが今の構えなんです。

調子の落ちるときは「打たなきゃいけないということになって、自分のバッティングが出来ない」結局はボールをよく見て自分の打てる球だけを打つという姿勢で打率を上げた。

Q:バッティングフォームはケン・グリフィーJrに参考にしたと言われていますが・・・。
福浦:僕は大好きですから、影響を受けています。でも彼だけではありません、いろんな人に話を聞いて役立つ点は取り入れています。

Q:グリフィーのどこを参考にしているのですか?
福浦:スイングではないです。はっきり言ってこれは小・中・高とずっとやってきて、もうスイングの軌道とか形はだいたい出来上がってしまっています。ですから真似るのは「構え」です。

Q:あの背筋がスッと伸びているところですか?
福浦:そうです。でもすべてではありません。彼独特の構えたバットを小刻みに動かしたりするところは試したのですが、僕には合わなかったです。

Q:背筋を伸ばし構えるとんな利点がありますか?
福浦:背筋を屈めると低めのボールになる変化球に手が出てしまうんです。低めのフォークでも、インコースのスライダーにしても、しかし、背筋を伸ばすことにより、ボールがよく見え始めた。今まではちょっと屈んでいたので、際どいボールの見極めが出来ていなかった」

そして、「チョコン」という左方面の打球が減り、右方面への強い球が増え球、特に変化球を強く振れるようになりました。

そして最後はセオリー中のセオリーで締めくくっている。

Q:福浦選手の“理想の打球とはどんなものですか”
福浦:「一番いいのはセンターへの強い打球もしくは左中間を抜けていくライナーです」



少し表題が大げさのようですが、一つでも試してチームの首位打者になりましょう

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。