スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打球に対する第一歩を早くする方法

  • 2010/06/30(水) 23:51:13

打球に対する第一歩を早くする方法

こんばんは、宮崎、鹿児島の出張で、消毒を何十回とされてきました。
それでも、消毒液のマットを通過するだけでタイヤだけなんですね

どうして前へ出てこないだ!!

実は守備練習で息子が監督から連日言われていたことです。
とのかく、ダブルプレーだという時も、一歩下がることのあるので、それを見るにつけ目を覆うばかりでした。
(これには私がバウンドを合わせる時は後ろへ引くときもあるということが少しあるかもしれませんが、ゲッツーでは一歩下がればダメという打球ではそんな悠長なことは許されません)

練習は失敗しても、チャレンジすべきところはやるべきで、まさしく「練習で出来ないことは試合では出来ない」ですね。

それでも、あれだけ私も小学校では、「バッターが打った瞬間は軽くジャンプして一歩前へ」と口をすっぱくして言って少なくとも出来ていたと思っていたのですが、今になって出来ていないとは情けない。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
あまりにも目につくので、息子に聞いてみた
「わざと前に出ないのか」
「あれだけ言われたらダメでも前に出てみろよ」


こんな言葉が返ってきた。
「前ででようとしても出れない」これはよく野手にある「投げようとしても投げれないイップスのゴロ版かなと深刻に考えていました」

それでも、「最近打った瞬間ジャンプはしても一歩前へ出ていないよな」
こんな助言で、次の日からの練習後、「そうだよね、一歩前へ出てみたら前へ出れるようになったよ」
と言ってくれたので少し安堵しました。



そんなことで今日のテーマは、
「打球を見てからの判断か、当たった瞬間に最初の一歩は前へ出ているか」です。

これは、実は内野手でも外野手でも、走塁でも実は共通する課題です。
「バットにボールが当たった瞬間はもう一歩前へ」が私の持論です。

「打球音やボールの角度で瞬時に判断をして第一歩をその方向へ出す」という選手も多く、それも個人の動作のしやすさでしょうが、こんなアドバイスも参考にして下さい。

プロ野球の外野手が「夢のむこうで」のシンポジウムでの話ですが、
高校生からの「打球に対する第一歩を早くする方法があったら教えて下さい」
それに対して、
「人それぞれでしょうが、私はまずは前へのボールに対する一歩の速さを考えて、当たった瞬間は一歩前へ出ています。それでは、後方の打球は遅れると思われますが、その勢いからすぐに切り返せば遅れることはありません。
打球を判断してから動くより結局は早いのではないでしょうか」


外野手はどうしても動きがすくなくなりがちなのでリズムを作るにもよいと思います。

内野手でも同じです。まずは一歩前へ動くのがよいと思います。
(三塁手は速い打球にそなえて低く構えることが基本だと言われています)

それは、走塁でも言えることです。
陸上競技でも、少しでもゴールへ行こうとすれば、フライングをするでしょう!?
当たった瞬間はその方向へ一歩前へ踏み出していることが大事です。

「ライナーだったらどうするかって?」

それは、戻るだけですが、戻る意識があれば、それは何もリスクにはなりません。

ライナー性の当たりでそのまま戻る選手に私は魅力を感じません。

同じ逆をつかれたアウトでも、ボールを見てから(判断ミスで)飛び出してしまったのは論外ですが、戻り遅れとすでに前へ態勢を進めて逆をつかれたアウトでは走塁の質が違うのす。

走塁では試合の流れや場面によれば慎重になるところはあるでしょうが、守りにおいては「バットがボールに当たる瞬間に一歩へ踏み出すこと」を試してみて下さい。案外知っていても実行していないこともありますから。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

こんばんは 

アドバイスありがとうございます。
正面のゴロを正面で見すぎているのでしょうかね。
取る寸前で必ず横から入るように足を運ぶ選手もいますね。
どうも構えが少し遅いのと横着している気がします。

癖を直すのは言うのは簡単ですが、頭で考えてするものではないので厄介です。
リトル出身者が肩が弱いは判りませんが、野球の大事なものを経験していないので、やはり不利かもしれません。
それでも、中学1年生では試合の経験はほとんど出来ないので、あの春から夏までの怒涛の大会は思い出になるのではないでしょうか?

それでも・・・私の周りにはその後入団したボーイズやシニアでのギャップが大きすぎて燃え尽きてしまう子もいるようです。

それにしても万補さんは熱血漢ですね
そうだ近い内にメールします(^^)

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2010/07/06(火) 23:05:16
  • [編集]

こんばんは。

一歩目を早くすることは横の動きでは以外に簡単なことですね。
しかし、これを前に出る動きとなると勇気が必要となってきます。
前に動くと体感スピードが早くなりますから・・・
子供たちはボールが下から上に来る場合は怖いけど、上から下に来るボールは怖くない。
緩い大きなバウンドが上から落ちてくる時は得意ですもん。(笑)
要は目線がボールより下に入るような意識が大切だと思います。丹田に力入れて膝下からは力を抜く・・・
正面ゴロで基本動作を繰り返すことが身に着けば前でも同じことができるようになると思います。

  • 投稿者: たくぱぱ
  • 2010/07/01(木) 21:56:15
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/07/01(木) 11:24:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。