スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートが遅れたら走らないこともあり

  • 2010/03/17(水) 21:24:42

好走塁のチームにする (12)
ー走る時には100%成功の意気込みでー


今年千葉ロッテ、ドラフト1位の萩野貴司選手は言う。



走る時は100%成功を目標としている。
ベンチから「走れ」のサインが出ても、スタートが遅れたりして「セーフになるのは難しい」と判断すれば自重する。

そのため今オープン戦も5度の盗塁を全部決めているという。
「本当はサインが出たら全部走らなければいけないのでしょうが、失敗しては何の意味もないし、チャンスをつぶすことになる。だからいいスタートを切って全部成功させるたいんです」

私は何も100%成功するスタートを切れというわけではないですが、少なくともスタートが悪かった時は「行かない勇気」も必要だと思います。
小学校ではスタートが悪くても、キャッチの送球がそれるなど足が早ければまず成功となることが多いので、もうイケイケで逆をつかれて一度戻ってからも、スタートするツワモノもいます。

ですが、レベルが上がれば、スタートが悪ければ刺されます。
スタートが悪ければ走らない

指導者も選手にはそのことを教えて、自分(個人)の判断力を養わせます。
その時は、選手から「盗塁のサインは解ったけど、自重したという」逆サインを作っておくのはどうでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: スタートが遅れたら走らないこともあり

よいお話ありがとうございます。
そうですね。
100%はロッテの狩野選手のコメントでしたが、彼は飛びぬけて足が速いそうですから、そうしているのでしょうが、普通はそこまでは考える必要はないでしょう。

盗塁は、こんなところで走るの?という意外性があるものは結構成功しますから。
「奇策は二回続けるから奇策なんだ」ー漫画ラストイニングよりー

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2010/03/23(火) 23:03:46
  • [編集]

スタートが遅れたら走らないこともあり

サインを出す立場から言えば、投手、捕手、野手と走者の力量を見て成功する確率が多い時に走らせるようにしていますが、基本的に盗塁はアウトになる可能性が高いギャンブル的な要素もあるプレイなので、100%の成功はありえないと考えています。
足の速い走者には、いつでも走って良いと言っていますので、本人の判断で盗塁しています。
逆サインですか・・・ 少年野球では難しいと思いますが、走塁は選手の判断を尊重してあげたいですね。

  • 投稿者: マイティーボーイ
  • 2010/03/19(金) 01:32:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。