スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外野手の極意

  • 2010/02/24(水) 11:32:22

外野手の養成法
ー稲葉が中田に教えた外野手の極意ー


外野手がボールを一直線に追って、ジャンプをしてキャッチ!
外野手の見せどころです。
しかし、追いついているのに「ポロリ」というシーンがよくあります。

ゴールデングラブを4度獲得した稲葉は、外野へコンバートした中田にこんな話をしたそうです。
中田君のグラブをはめてみたら、柔らかいというか指先にフィットして使いやすかった。
「せっかくいいグラブ使っているんだから、ボールは掴むんじゃなくて、包み込むように捕らないと、ボールは捕りにいくというよりは、手を引いて受け止める感覚。捕球時の感覚を変えていけば自然と守備はよくなる」


稲葉選手の説明は抽象的だが、要するにこういうことだという。
外野手は腕を伸ばして飛球を掴みにいくと腕に力が入り、ファンブルしやすい。グラブをやや引きながらボールをやさしくポケット(グラブの芯)で吸収するように捕る。背面ジャンプもしかりだ。腕に力が入れば首が固くなり球際に弱くなる。素早く送球にも移れない。



 さあ、君も稲葉の助言を生かしてみよう!!
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。