スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチボールの足の踏み出し

  • 2010/01/12(火) 17:43:59

「キャッチボールでボールを受ける時は○○足を出す」

先週の三連休から練習が始まりました。
近くの神社へ全員行って「必勝祈願」と思ったのですが「初詣」だということです。
なにかおっとりとした感じでしね。
全員5円玉を貰って何を願ったのでしょうか(^^)

さて、もうチームには新1年生が入団、体験で練習に参加していますが、その練習もたき火jumee☆Camping1Lのある場所の近くのグランドでやる時は「ちらっちらっ」と覗いています。スローインでは結構上手い子がいます。ひょっとしてわが子も抜かれてしまうのかなと・・・。


今回はその練習で、コーチが指導していた事で、私は「どっちかな」と思っていたことです。

指導者:キャッチボールで相手からのボールは右足を出して捕るようにしなさい。
新1年生:(きょとん)

ほとんどの子は両足を開いていて捕るか、左足を前に出して捕球しています。

わすか10人ほどですが、もちろん1人も右足を出して捕球をしている子供はいません。
(それでも軸足をしっかり前へ踏み出すキャッチボールは、出来ている子が多いですよ)

指導者:左足を前に出して捕ると、次に右足を出して投げるから一歩多くなるだろう。
 実際にボールを捕って、見本をみせます。
 まあ言われる通りです。
 「いち」「にい」で投げれます。

子供たちがやってみますが、これがなかなか上手くいかない。
「ボールをすぐに掴むことをしていないからタイミングが合わないのです」

実は1年生、2年生でもキャッチボールではこの捕球(送球)をしている子はほとんどいません。

小学校のチームで実は「左足を前に出したキャッチボール」を試合前にいつもやっているチームがありましたが、このチームはいつも県大会へ行っていました。
ある雑誌では、中学軟式の全国大会クラスのチームは「右足を前に出して捕るように」指導しているという。

私はと言えば、キャッチボールでは「まず両足をそろえて構える」派かもしれません。
要するに、「捕ってから第一歩を軸足を前に出す」にこだわってきたのです。

さてここで質問です。
みなさんはこのボールを捕って投げるキャッチボールのスタイルを、どのように「指導(こどもに教えたり)」していますか、又その「こだわり」はあるのでしょうか?
それとも「そんなこと考えたこともなかった」「どちらでもかまわない?」なのでしょうか? 
自分の中で整理していることを教えてください。 福助 (つづく)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: 左足前捕球派です

返信遅れました。

>「左足を前に出したキャッチボール」が基本だと思います。
> 捕る瞬間にあわせて左足を着地する。
> 大きく踏み出す必要はないですが、体の重心が前方に動きながら捕球することが大切だと思います。

教える順序を間違えると大変ですね。
特に捕る瞬間にあわせて左足を着地する。を次回に基本の確認で紹介していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

今後ともよろしくお願いします。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2010/01/26(火) 00:03:43
  • [編集]

左足前捕球派です

私は、「左足を前に出したキャッチボール」が基本だと思います。
捕る瞬間にあわせて左足を着地する。
大きく踏み出す必要はないですが、体の重心が前方に動きながら捕球することが大切だと思います。
ゴロの捕球、送球の転送、すべてこの動作を「タン・タ・タン」のタイミングで行うことが守備の基本動作だと思っています。

右足前捕球は、右足を送球方向に直角に出せないのが教えたくない理由です。近距離送球なら使える場面はありますが、中学生でも、(右足前のステップは)教える必要がないと思います。

蛇足ですが、「側方に逸れたボールに対しても、その方向に左足を一歩踏み出し、おへそをグローブの方向に向けてキャッチすること。」これも、キャッチボールの捕球練習での大切なポイントだと考えています。

  • 投稿者: kameo46
  • 2010/01/13(水) 20:23:35
  • [編集]

ヨッシーさん
今年も宜しくお願い致します。

グレーゾーンな賛否両論分かれるトコロですが…
愚息の中学時代、愚息に右足初動を家で教え、愚息が練習で使ったら
監督に大目玉食らった事があり、私にはトラウマです。

右投げにおける右足ステップ初動ですが
ぎこちないのは球の持ち替えが遅いのが原因と思います。

右足から踏出し捕球する際
左足初動より身体が半身になり
捕球範囲が狭くなる事を嫌う指導者も
多いと思います。
愚息はこれで大目玉でした。

しかしながらキャッチャーのセカンド送球には
必須事項だと思いますし、内野手においても
併殺処理に必要なので、覚えておいて損はないと思います。

結論は
私は右足初動は賛成です。

  • 投稿者: 万年補欠
  • 2010/01/13(水) 20:19:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。