スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬式野球のはじまり

  • 2009/12/19(土) 10:41:16

硬式野球のはじまり
ーソフトボールでのキャッチボール!?ー


今日は全国的に大雪でしょうか?
当地区でも、朝から1センチぐらいは積もっていて現在も降り続けています。

今日は3年生の卒団式でお昼はトン汁を作るということで、先週全員に「野菜」が配られました。
どれか一つ家で切ってきて下さいということで、明らかに「ネギ」(袋にいっぱい)、大根(重たそう)などが
置いてありました。

私はネギは大変だろうなと思い、一番小さい袋を取って、内心「よしよし」これでお母さんを少しでも楽をさせてあげようと意気揚々と帰ったのですが・・・。
「これ里芋じゃない、これが一番大変だよね「大根やネギは切るだけでいいやないのといやみを言われる始末。

何も考えないでこれなら、そうなので済みますが「少し頭を使ったつもりが、かえってその逆の結果になる」なんか私の生きざまも見るようでした(笑)

塞翁が馬の件で心配して下さった方もみえてありがとうございます。

昨日の報道ステーションでダルビッシュのインタビューがありましたが、左で投げているという映像がありました。
 私が読んだ記事では、「ボールが指にひっかからないいわゆるすっぽぬける」等ははどうして起きるのか、右で投げて解らないことが、左で投げていて「ああこれが原因なんだと」解ることがあるということでした。

 野球のきき腕の反対で投げるのは、私はひょっとして「神経系」の訓練になっているのでは思っています。
上下のバランスやグラブの使い方なども気を使えば脳を刺激しまくります。 左右の筋肉のバランスにもよいかもしれません。
 バッティングへの応用に加えてますます効果があるかも。

 また中日では「ソフトボールでのキャッチボール」をする選手が増えているみたいです。
 吉見選手をはじめ、先週はリハビリ中の佐藤充投手も写真入りで載っていました。
 投球時の肘が上がってくるようだと書いてありました。

 これを見て、子供にもと思っている方もいそうですが、手が大きいであろうプロの選手ですから効果が
あるかもしれません。子供では大きすぎるかもと思ってしまいます。
 それでも、ひょっとして私は「A球」(小学生はB球ですね)をある程度投球練習に使うことは、肩ちょっとだけ
付加を与たり、大人のソフトボールでのキャッチボールと同じ効果があるかもしれないと考えています。
 これも想像の域ですが・・
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: 右・左 ・バランス

こんにちは

野球というスポーツは送球をはじめ、回転方向、手の振りなど本当に極端ですよね。
よくいろんなスポーツをやったほうがよいということで、バスケットやサッカー、水泳、なども利き手はあるでしょうが、両手両足です。脳の刺激にもよいかもしれません。
 
> ただ、踏み出し足を上げて、振り下ろし地面に着く前になぜか、皆さん投げてしまうんですよね。
ここでトップをしっかり作れること。つまり割れを作って間をとることですね。前へつっこんでしまう選手はこの意識だけで変わるのではないでしょうか。
立浪選手も昨年不調でしたが、今年気をつけたことはただひとつ。
「ボールを迎えにいかないこと」(引退特別番組より)だそうです。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2010/01/01(金) 00:03:56
  • [編集]

右・左 ・バランス

昔から、プロ野球のバッテング練習で西武の石毛選手、辻選手など、トスバッテングを逆の左でしていましたね。

反対側の意識的、たしかに右で投げる時、左のグラブ側の手の掻き込み方が、重要だとおもいます。

【バンザイ投方】は、女性や子供には最適なようにおもいますが。

ただ、踏み出し足を上げて、振り下ろし地面に着く前になぜか、皆さん投げてしまうんですよね。
タイミングが。難しいですね。

  • 投稿者: 高校一年野球小僧の父
  • 2009/12/19(土) 12:34:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。