スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清峰高校 吉田監督

  • 2009/12/18(金) 23:17:11

日経新聞に掲載された「記事」
ー清峰高校ー


今回はコラムと言えるのかどうかわかりませんが、日経新聞に「清峰高校」の吉田監督を紹介した記事がありましたので紹介し、ここから話題を拾わさせてもらいます。
3回の連載でしたが、どうも画像でのUPが上手くいかないのでテキストで紹介します。




長崎清峰高校野球部監督 吉田洸二(40歳) 部員10人からスタート
2009年10月29日は、長崎県立清峰高校野球部監督の吉田洸二にとって、忘れられない1日となった。
現3年生の今村猛と4年前まで指導していた古川秀一(現日本文理大)の両投手が広島とオリックスからドラフト1位指名された。

「日本で毎年12人しかいないドラフト1位が、ウチから2人も同時に出るなんて」。
今春の甲子園では今村を擁して初優勝。吉田は今、もっとも注目を集める高校野球界の指導者といっていい。

都会の強豪私学でもめったにないサクセスストーリーを地方の公立校が実現した。まして清峰は
吉田が赴任する01年以前は毎年県大会で初戦敗退の常連校。吉田の友人で、学校近くで眼鏡店を営む中村尚広は「こんな小さな町でこんなことが起こるなんて奇跡」。

学校のある北松浦郡佐々町の人口は約1万4000人。佐世保駅からワンマン電車で北上すること約50分、
校舎が姿を現す。かつて主要産業だった炭鉱は閉鎖され、山々と清流に囲まれたのどかな田舎町だ。

吉田が赴任した01年は北松南(ほくしょうみなみ、03年に清峰に改称)という校名だった。学校は荒れ、
生徒指導に苦慮。当時校長だった川瀬長久は野球部の強化による立て直しを提案した。

「波佐見の教頭時代、甲子園に出たことで学校がガラリと変わった体験があった」からだ。
とはいえ、部員はわずか10人。「そのうち半分が長髪だった。彼らを短髪にさせることがスタートだった」と吉田は振り返る。

部員を鍛える一方、休日や練習の合間に周辺の中学生の試合にせっせと足を運んだ。
一定の技術を持った球児を集めないと、強化は難しい。だが、無名校の監督が相手にされるはずはない。
「中学生に『またあいつ来てる』という目でみられ、悔しかった」

「僕たちの試合に毎回のように来ていました」。懐かしそうに振り返るのは05年夏、甲子園に初出場した時の
主将だった大石剛志。吉田はいつも古川や大石ら目に留まった球児に笑顔だけみせて帰った。
言葉はかけない。トップセールスマンの本で読んだ取引先の気を引く術だ。

この不思議な男に古川も大石も次第にひかれた。「吉田監督と一緒に甲子園を目指そう」。
大石は古川らとそう誓い、03年春、清峰に入学する。

母校の佐世保商や平戸高で監督を経験した吉田だが「あんなにうまい子たちを預かるのは初めて。
ワクワクした」。とはいえ、当時の部の年間予算は15万円。トレーニング用の大きなゴム製ボールもなかなか買えず、
近所の製材所からもらった丸太で代用した。古川は「重くて10キロあった」という丸太を抱えて毎日走り込んだ。
「きつい練習だったけど、あれで球速が(入学時の)120キロから140キロになった」

近所の自動車学校から譲り受けた廃車寸前のマイクロバスで四国へ遠征し、徳島・鳴門工を訪れたこともある。
この合同練習で、甲子園常連校の意識の高さや練習法を学んだ。清峰の奇跡は、こうして始まった。(敬称略)


ただ、記事に水を差すものではありませんが、私が少し耳にしたところでは、この高校も実は数年前に、不祥事があり監督が一時降りられた時期があった。
優勝したチームは、中学の3年の佐世保市を中心とした「選抜チーム」が、清峰の準優勝を見て、「俺たちで優勝してやろうということで、清峰へ大挙して入学したらしく結構粒ぞろいであったそうだ。
一緒に行動されていた「コーチ」の方の力も大きかったようですが、その方は別の高校へ移られたので、“今後(今年の春の時点)は、そんなに順調にいくかはわからないよ”

さて、ある噂によれば神宮大会での上位の成績のチームの主軸が、実は万引きで補導された(高野連への報告済)ということですが、どうなることでしょうか?


 つい最近ではドラフトで指名された高校生の飲酒とタバコですが、沖縄の成人式でのあのニュースを見れば、沖縄の高校生も飲酒は日常茶飯事!? 
 ちなみに私も親父に付き合って、毎日おちょこ一杯ぐらい飲んでいましたよ。
(沖縄の一部の高校は)文化祭の打ち上げは泡盛で乾杯という話もあるようですが・・。モーツアルト
 ロッテへ入団予定の翔太君も、こりゃ大物になるかもしれませんよ!

 ダルビッシュもよくわかっています。ユチョン*
「つぶすのは簡単だけど、みんなで温かく見守っていかないと」と周囲の配慮を要望した。
「社会人になっていないから(法令順守など)わかっていない部分もある。自分もそうでした」と振り返った。
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。