スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋トレはいつからやるべきか

  • 2009/09/18(金) 18:38:45

野球コラム
ー筋トレはいつから行なうべきであるかー


最近は高校生でも筋トレを行なうところも少なくありませんが、逆に体重の負荷以上のトレーニングを
しないところもあるようです。

私も息子にバーベルでも使って鍛えてはどうかと言ったら、お父さん知らないの?
“子どもは筋力トレーニングしちゃあ、背が伸びないんだよ!”
「そんなこと聞いたことあるが、あまりに非力だから言ったんだ」絵文字名を入力してください

 まあ「知ってるつもり」みたいなところがありますがじゃ~なぜ成長を止めるかについては答えれませんでした。

それについて、いつもの中京大中京の湯浅教授の話を聞がありましたので読んで納得です。子供を鍛えるのは実際難しいです。OHOHO



平成21年9月18日 (中日スポーツ) 
スポーツの安全対策が十分でなかった20年前までは“うさぎ跳び”をさせて脚力強化をしていた。
 同時に膝や足の骨を痛めるということがあきらかになり行なわせないようになった。
 筋トレで行なわれる運動は多かれ少なかれうさぎ跳びのように関節や骨に悪影響を及ぼすことがある。
 だからこそどの時期に筋トレを始めるのが大切だ。
 一つの目安は、本格的な筋トレは骨が伸びるのが止まってから始めるということである。
 大たい骨のような骨は発育期に中心部分が伸びるのではない。
 骨の先端部分が伸びて長くなるのである。

 骨が伸びている時に、骨の先端部分が傷んで十分に発育しなくなる。
 痛みを起こす原因ともなる。

 安全のためにも、本格的な筋トレは身長の伸びが完全に止まってから行なうのがよい。

実は筋トレの効果が最高に現れるのは身長の伸びが止まった25歳~30歳の時である。
 若ければよいというものではない。
 トレーニングの効果を上げるためには、それにあった時期があるのだ。
 筋トレは「急いでは事を仕損じる」の格言通りであることを忘れないようにしよう。

(中京大学体育学部教授 湯浅景元) ※文字色拡大は私の判断です

さて、これを読んで私は確かに納得をしたわけですが、これは一般的であって野球のトレーニングについて書かれている訳ではない。

 それでも、野球の「伸び盛り」は意外と遅くて高校を卒業してすぐではなくて、大卒のプロの選手でも2~3年後に飛躍する選手も多いのは、こと筋力が一番つくのがこの年頃だからかもしれない。(勿論技術的に完成する時期ということもあるでしょうが)

 よく熟女というか一番身近な女性などは、「女盛りは40過ぎてからよ」と言われるかどうか知らないが、野球盛りはやはり30歳ぐらいなんだろうか?

 それはスポーツによるのでしょうが、プロテニスのシングルスにおいては25歳過ぎて伸びることはまずありません。20台の前半で目が出なければ、よほどのことがなければもう終わったも同然です。
 このスポーツが筋力ではなく瞬発力と精神力のスポーツだからかもしれませんね。
 
 さて、話を戻して、筋力がつくのは25歳~30歳だと言われて納得もしました、しかしほとんどの野球選手はその時までに野球をやめちゃっていますから~。ざんね~ん苦笑い (おわり)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。