スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬式野球のはじまり 31

  • 2009/07/09(木) 06:49:13

硬式野球のはじまり 31
ー内野手の投げ方 その3-


一昨日は七夕でした。
みなさんも願い事を「短冊」に書かれたのでしょうか?

七夕の歌を口ずさんだ方も多いと思います。

笹の葉 さらさら のきばに揺れる
お星さまキラキラ 金銀すなご
 星空

ところで「すなご」ってなんやねんはてな
私は今でも ????



内野手の送球について
今回は「グラブ手を送球時にどこへしまうか」について考えてみます。

よくグラブ手は自由にさせて背中へ持っていってしまう子もいますが、さすが中学になるとそんな子はいません。
それでも、内野手でも、外野や投手のように腰へグラブをしまう選手も多いのも事実です。
【イチローの送球】
イチロー送球
外野手に多く見られるこのグラブの位置は、しっかりと腕を縦に、強く振るには必要不可欠であり、投手もこれと同じと考えられます。
投手と外野手は同類と考えてよいでしょう。

それでは、内野手はグラブをどこへ納めるのが理想か?

プロ野球の名手と呼ばれる選手において画像を拾ってみます。
【宮本選手(ヤクルト)】
宮本 送球1

【小坂選手(現楽天)】
小坂送球

【井端選手(中日ハワイ自主トレ)】
井畑 送球

これを見て解るのは、名手と呼ばれる選手に共通するのはグラブを胸それも比較的高い位置にセットしていることです。
よく、何か悪いことしたときに「胸に手を当ててよ~く考えてみなさい」と言いませんかノーマル、表現を変えれば大リーグの選手が国歌を聞く際に、帽子を胸に当てて聞いている感じです。
★宮本選手は手の平を胸に当てる感じです。

これを見て、やはり内野手なので送球を安定させるのに、(グラブを)このような形にするべきか、従来のように腰上に引き寄せるべきか考え続けてきました。

そこで、息子が内野手でレギュラーを目指すとなった以上、私なりに指導法の結論を出しました。
内野野手に合った投げ方(腕の振り)、グラブの収め方へ変えていこう。 (内野手の投げ方 つづく)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: 勉強になります。

九州男爵さん

ご返信遅れました。
このプログで役立つなら大いに活用して下さい。
福岡などでは、王さんの主催団体の野球教室など、一流の方の練習や話を聞く機会も多いと思います。

九州男爵さん、名前は「いたづらメール」だと勘違いしそうです。
実は内容に「飛ばす」という文字が入るとそれだけで、変なコメントが入っていきます。

  • 投稿者: ヨッシー
  • 2009/08/01(土) 10:42:19
  • [編集]

勉強になります。

はじめまして。ワタクシ九州は福岡市の方で少年野球チームのコーチ兼カイチョウ?をやらせて頂いているものです。
最近ブログをはじめたばかりで、この世界のマナーなどイマイチよく分らないのですが、ヨッシーさんのブログを拝見させていただき大変感銘をうけ、是非ともワタクシのブログや、うちのチームの関係者にも紹介させて頂きたくなり、誠に勝手ではございますが、リンクを張らせて頂きました。よろしくお願い致します。

  • 投稿者: 九州男爺
  • 2009/07/10(金) 20:09:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。