スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬式野球のはじまり その22

  • 2009/06/01(月) 23:06:40

硬式野球のはじまり その22
ー背筋を伸ばしてみなー


先週の週末は日曜の午前は雨でしたが、近くの体育館を借りて、午後はグランドに戻り練習とたっぷり体を動かせました。
 土曜日の帰りの車で、今日はあまり動きがよくなかったよな、と言ったところ、
「僕は土曜日より日曜日の方が体が動くから心配ない」と応えました。
(こいつ、いつからこんなえらいこと言うようになったんやと内心思いましたが・・)yakiti

硬式クラブでは、土日のみの練習のが多いでしょうがやはり、この体の成長期での週2回ではコンディション作りは難しいかもしれません。
 素振りぐらいでは、「体のきれ」は出来ませんし、週2の陸上部でもダメ。
 本当は水泳でもやらせたいなというのは私の本音です。



 さて先週から、ゴロを捕るタイミングに触れさしてもらいましたが、先週は今の動きから特に「二つだけは意識しろと言いきかせました。
1)背筋を伸ばして捕球しろ
2)ゴロを捕るタイミングで膝を折り、グラブを下げててはいけない。少し早いぐらいでグラブを下に置いておくこと。


最初については、息子はどうみても「猫背」なんです。黒猫:左向き
これだと普通に構えると、どうしてもかがんでしまう分、グラブが前でなく両足の中へ入ってきてしまいます。
 グラブが股の下へくると、どうしてもグラブを引く範囲がなくなり、ハンドワークが狭まりますし、グラブが立ってボールの勢いを殺すことも出来ません。
 息子は猫背ぎみで手の位置が後ろ(股間)へきがちですが、最初からだらりと手が下へ降り気味な子も多いですから、捕球体制はやはり「両足を底辺として三角形の頂点へグラブを置けるようにしたいものです」。

2つ目のグラブを下ろすタイミングですが、「グラブは下から上だろう」と未だクラブでもノック中に誰かは言われています。
 息子も特別に上から下へではないのですが、何かゴロが来るタイミング(ジャスト)でおろしているように思えてしまいます。だから見ていても結構あぶないタイミングです。 思ったよりボールが早ければ当然トンネルとなります。

 適当な表現かわかりませんが、少しだけ早めにグラブを落として、 「ほんの一瞬待つようなタイミングを作れ」とアドバイスしています。

 そんなわけで、私が感じるかぎり前よりはちょっとだけ安心して見れるようになった気がします。 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。