スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬式野球のはじまり(7)

  • 2009/03/11(水) 06:38:43

硬式野球のはじまり(7)
ーピッチャーの練習を見てー


来週月曜日のWBC第2ラウンドは日本の初戦の相手はキューバになるのでしょうか?
本当に楽しみです。

そのキューバ選手でここ数日話題になっているのが、剛速球投手チャッブマンですね。
私の予想では日本が足を使って攻略すると思います。にほん

今日のテレビで彼がベールを脱いだということで、練習風景を放映していましたが、入念なストレッチのあと、何とタオルの真ん中をもって「シャドーピッチング」、それも平地で、下半身を前・後・前へ移動して行っていました。
その後、「少し重いボールで投げる」、最後に普通のピッチング練習でした。

日本でよく行われる練習ですが、少し重いボールで投げるのはあまり行われてないかもしれません。
それでも、以前、少し軽いボールと普通のボールと少し重いボールを組み合わせた練習法を読んだ記憶がありますので行っているチームもあるかもしれません。

さて、この体重を前後に移動する練習方法はピッチング練習ではよく使われます。
こんな感じですが、
ゼットCM ピッチャー

これは体重移動を意識をして、通常と違う状況下(平地)で行うことに意味があると思うのですが、
これをマウンドで行っている のを見たのですが、少し違和感がありました。

これ(マウンド)では、体重移動がしやすいので自然に出来てしまいあまり効果がなく、かえって前へつっこむ癖がついてしまいそうです。はっきり言えば逆効果のような気がします。

ただこの点に関しては根拠もないので私の素直な感想です。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。