スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬式野球のはじまり(5)

  • 2009/02/26(木) 10:37:01

硬式野球のはじまり(5)
ー守備の柔らかさを考える(1)ー


息子のチームでもノックとランニングが主な練習ですが、先週ははじめて外野ノックを見ました。
俗にいうアメリカンノックとランニングを組み合わせたものですが、足の速い子も多く、みんな結構上手いなと思いました。

さて、ゴロ捕球についていろいろ書いてきていますが、今回は「守備の柔らかさ」についてです。
いつもの通り、練習後に息子に言ったことですが。

グラブを下から出そうとはしているものの、ボールの勢いをそのまま受けてしまっています。
よく見ると、グラブの使い方でも段階的にレベルがあることがわかります。
レベル1:グラブが下から出ていない(通知表では1) 
レベル2:グラブが下からでもすぐ下(足幅のライン近く)から出てくる(通知表では2)
レベル3:グラブが前で下から出てくる(通知表では3)

 ※レベル4はまだ考えていません顔。とりあえずレベル3を及第点とします。

グラブを足幅のラインの頂点(三角形)に置くというもので、みなさんもよくご存じだと思いますので、
改めて言うのもなんですが、結構おろそかにされているのも事実です。
 と言うか、みなさんは知っていても、うちの息子もそうでしたが、当人(子供)が知らないこともあるので教えてあげてください。 



 ヒマラヤのHPでは高木守道さんが紹介していますので、見て下さい。
 (写真4の右側です)
ヒマラヤのHP

また、この基本ですが簡単そうに見えますが、股関節の柔らかさと体力がないとなかなか続けて出来ません。疲れてくると最初に忘れらてしまうのもこの基本かもしれません。顔
それに、静止した状態では出来ても、動きをいれるとつい遅れてしまい、グラブを下へ下すことで精いっぱいでここまでの姿勢を作れないのも事実です。

そんなことから、まずは止まった状態で形づくりから入りますが、動きながら一連の動作の中で出来るようにしたいものです。

次回はどうしてこの姿勢がそんなに重要か話してみたいと思います。

今日の格言:グラブを前に出して三角形を作ることを意識した上で、動きながらその姿勢に持っていけるように、自分で打球とグラブを出すタイミングを見つけだしなさい。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。