スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人への野球(5)

  • 2009/02/21(土) 22:34:35

大人への野球(5)
ーグランドの移動ー


グランドの移動については、やはり歩いているようではそのチームのレベルは大凡察しがつきます。
やはり駆け足であることですが、これは個々の意識の問題です。

そんなことを何回もいうこと自体どこか変です。
小学校のチームのときでも、“グランドでは駆け足”とどれぐらい言ったことでしょう。

言われたことが、全く次の日ではなく、もう次の時にも頭に残らない子もいます。
わたくしみたいに、言われたことを次の日忘れてしまうのは、これも年なんだと笑っていえるのですが、子供にアルツハイマーは早すぎるでしょう。絵文字名を入力してください

それは、もう指導者(注意した人)が恐くないのか、野球に対する向上心がないか・・・。
こんなことで判断するのはおかしいと言われるでしょうが、これも野球力の一つだと思います。

全速で走ることは必要ありませんが、グランド内では自然と駆け足となるようにまずは息子さんに、しっかり伝えて下さい。

さて、今回はその駆け足の時どうするかについて触れてみます。
みなさんは、松坂投手が駆け足がマウンドに上がるときにグラブをどうしているかご存じですか?
松坂 歩く

注意して見ていると、右手に持って歩いています。

高校野球を見ていても、学校によってはそれが徹底されているチームが少ないないことに気づきます。PL学園中村元監督もこんなことを言っています。



私はグランドの移動では、グラブを右手(右投げ)に持って移動することが大事だと思います。そこで持つと脇がしまって腕が振れ、正しい姿勢で軽快に走れることが出来ます。

私はこれに加えて、左右のバランスを取るに役立つと考えています。

勿論息子には、小学校の5年生ぐらいからこのスタイルを教えています。
これだけでが、 側からみると少しカッコよく見えてしまいますから不思議です。おんぷ

大人への野球(5):グランド内での駆け足、攻守交代ではグラブをはずして反対側を持ちなさい。
注)勿論グラブは親指側の下のほうを掴んで下さい
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。