スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内川選手のバティング理論

  • 2009/02/02(月) 23:22:40

内川聖一選手のバティング理論
ー力を抜く勇気ー


前回の続きです。
彼のバッティング理論です。



内川:みなさん腕を前に出して下さい。
もう一人は上から叩いて、腕が落ちないように力んで(力を入れる)ください。
さあ、叩きますよ。
(腕は)落ちますよね。

それでは、叩かれると思う寸前にグット力を入れて下さい。
叩いても落ちないでしょう絵文字名を入力してください

記者:本当ですね。

内川:バッティングの理論はこれなんです。
構えた時に力が入っていると、インパクトで負けるんですよ!
構えて力を抜いておいて、インパクトで力を入れることでボールに負けない力を生まれる。
力を抜くことは勇気がいるし、打席で形を決めたい人は多いです。
でも、構えで力を抜くことがインパクトで一番力が入る条件なのです。
構えで力を抜いてフッと出す方が、ボールへ行きつくまでのスピードが速くなるので、その分ボールを長く見れるです。


一度試して下さい。
私も2度息子にやりましたから絵文字名を入力してください

「雑誌のインタビュー」と「夢の向こうで」でも話していましたので、見られた方も多いかと思いますが、活字として残しておきたかったです。

さて、彼は中学校の時に監督から聞いたのですが、最近になって「ああ、こういうことなのかなって」分かったと言っています。

これが出来たから彼が昨年セリーグの首位打者となるまで突然打てたのか、打ちた結果としてこれを思いだしたのか定かではないですが、頭に入れておいて損はないです。

さあ、私の息子は、いつになれば「あっこれだったのかと」思ってくれのでしょうか?
まだ私がブログを書いていれば、それを報告しますが、おそらくその時は来ないと思いますが・・。絵文字名を入力してください

バティング理論 その20:構えて力を抜いておいて、インパクトで力を入れることでボールに負けない力を生まれるので、構えで力を抜く勇気を持つこと
内川聖一選手のバティング理論
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

啓二さんこんにちは

打撃は会う合わないがありますが、 叩かれる寸前だけ手に力を入れるときに上向きに力をこめてません?
というのは全くないとは言えないですが、私はこれは「一瞬の力はすごい。ずっと力を入れていればインパクトで、パワーを最大にすることは出来ないよ」という理解をしています。


  • 投稿者: ヨッシー
  • 2011/08/30(火) 00:28:25
  • [編集]

内川の理論やってみましたが、全然変わりませんよ。
叩かれる寸前だけ手に力を入れるときに上向きに力をこめてません?(笑)

  • 投稿者: 啓二
  • 2011/08/16(火) 03:55:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。