スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームの方針 

  • 2008/12/26(金) 17:57:44

チームの方針  
ー教えすぎはよくないか?ー

恐らく、こう質問されれば大方の人は「そうかもしれない」と答えると思います。

硬式のクラブを見学したり、高校野球のいろんな監督の話(雑誌)を見て、共通の言葉がありました
ので、少し興味をもったので書いてみます。

その言葉とは、
「チームの方針は、(それぞれ個人に)技術を教えるということはしません」
「自分が練習で掴んでいくものです」
「それぞれの技術に関しては上へ進んで教えてもらうものですから」

こういう指導者(監督)が意外と多いのに少しびっくりしています。
実際に練習を見たわけではないので教えるという意味が少しニュアンスが違うかもしれませんが・・。

良し悪しは別として面白いと思いませんか?

◆自チームの前小学校のクラブの監督の口癖
「思いっきりやれや、技術どうのこうのは上(中学校)へ言って教えてもらえばよい!」

◆見学した硬式チームのコーチ
「挨拶、礼儀や練習も厳しくやります。うちは手を上げることもありますからその点はご了解下さい。
 ただ個性を伸ばすということで、個々にこうだああだと指導をすることはありません。技術に関しては上(高校)へ言って教えてもらえばよいことですから」

◆甲子園出場のある高校の監督の指導法が書いてある雑誌より
「うちの学校は、基本以外に個人に指導することはまずありません。それは上(大学、社会人)に行ってから学べばいいですから」

面白いですね、野球って意外と教えてもらえないものなんですね。まめ1しかし、これは「自分が練習の中でみつけていくこと」「型にはめずに個性を大事にする」ということだと理解するようにしています。

私が特に「へェ~」と思ったのは、甲子園へ行くような監督さんも言われることです。
大学、社会人に進めない子もいるのにな~(笑)

それでも、基本は教えてもらいたいですが、指導者によっては基本の境界線が違い、そういう人に限って教えすぎているのかもしれないですがねふふ
これの続きでは教えすぎ?で人気のプロ野球のある球団の試み(講座)を紹介してみます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。