スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩隈選手の練習法

  • 2008/12/21(日) 23:33:14

岩隈選手の練習法
 
今日は「M-1」を見て、サッカーを少し見て、NHKの医療問題を見て、寝るところだったですが、少しブログでも更新しようと思ってパソコンを開いていたのですが、スポーツニュースで岩隈選手の名前があったので、チャンネルを変えずにいたのですが、よい情報がありました。

見られた方も多かったでしょうが、彼曰く
「今期の活躍にひとつの練習方法があった」
「キャッチボールの前に意識づけとしてやっていた」

それは、アメフトのボールを投げることだったといことです。
これを何かに記しておかなければということで書いておきます。

実は依然紹介したかどうかも忘れてしまったんですが、これから冬のトレーニングを始めるにも非常によい、立花龍司コーチの下記の本にも、この練習法があったような気がします。
(手元に本がないのですが、中学編もありどちらかにありました)

立花龍司のメジャー流少年野球コーチング 小学生編立花龍司のメジャー流少年野球コーチング 小学生編
(2006/04)
立花 龍司

商品詳細を見る


この練習方法は、彼(岩隈選手)が言うには「肘を高くする」「ボールを(肘が高い状態で)前で離す」ことを意識することだそうです。

また「腕のふり」をしっかりさせないと真っ直ぐ(回転)に飛ばないです。これはまた「ガメラボール」(ガメラの飛ぶときの様子)と呼ぶらしいです。(みなさんはガメラを知っていますか)亀さん

しかし、これはボールの回転を前進する方向へ、同じ面を見せながららせん状に回転させるので、打っても飛ばない、(早くはないが)見た目より切れがあるボールになるようです。 いわゆるジャイロボールでしょうか。

 よくある練習方法かもしれませんが、やはり岩隈選手がやっていたとなれば見過ごすわけにはいきません。 にこ
 
 「肘を高くあげれない」、「球はそんなに遅くないけどボールが軽いようだ」そんな選手は、この冬に
徹底的にこのボールをまっすぐ投げれるようにしてみてはどうでしょうか、きっと効果が表れることでししょう。

ちなみに、テレビでは15センチぐらいの小さなボールでしたので、そんなに大きいのは必要ないかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。