スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ進路を決める時がきたが・・ その1

  • 2008/11/20(木) 23:30:27

そろそろ進路を決める時がきたが・・
ー中学3年の娘編ー

我が家においては、子供にするべくもなく(まあほとんどがそうでしょうが)、公務員にさせたいわけでもない、ましては教師一家でもなく、家を継ぐわけでもなくごくごく普通のサラリーマンである。
結局は子供の自主性といえばかっこいいが、やりたいようにさせているのです。

娘も今年高校受験であるが、将来の夢があるわけではなく、つい最近まで「お母さんみたいになりたい!」
それでもお母さんは、最も嫌うお父さんと一緒になったわけだから、やっぱりお母さんにはなりたくない。
じゃ~どーるす?
お父さんと一緒にならない、お母さんになりたい。ガーン




そして、全く受験勉強にピリピリしたところがない我が家なんだが、娘曰く「勉強は楽しいよ!」
勉強は嫌いではなく、塾もちゃんといく。かといって机に向って猛勉強しているわけでもない。

そんなわけで、志望校においても、俗にいう地元の進学校へ進む意欲はなく、
まあ上を目指すのではなく無難な公立高校を受験するようだ。

親がこうしろというわけではなく、結局我が家では教育方針がないかもしれない。
「わたしもそうだったから・・・・」私に似ているかもしれないと言う妻は言う。
何が似ているか?
 普通に勉強して、普通の学校にいき、普通に地元の企業に就職して・・・・。
 順風満帆な生き方を変えたものは、一番大事な永久就職先を間違えたことらしい。
 生まれ変わったらもう二度とあなたとは一緒にならないが口癖であるが、世の中の夫婦に
 もう一度一緒になりたいという夫婦はどれぐらいいるのでしょうか?

 たかが夫婦、されど夫婦。広い地球で巡り合えた一人ですから私はそんな暴言ははきませんよ。
 でも、生まれ変わったら、もう一緒になることは絶対にありません。
  
 それは、どうしてかって?
 私たちは、人間に生まれるとは限らないからです。
 人間に生まれる確率は、どんなに生まれようとしても、叶えられない数字で、何十億分の1だそうです。だから、私は生まれて来たことについて、感激をしています。 
(なんか優等生的な発言だよな)にこにこ
 
 それでも、最近一人で旅(まあ仕事ですが)で、朝の散歩時に風に流されて、きままに飛ぶ鳥を見て、つい、「おまえは、いいなっ!」って呟いてしまいました。

 人間はいつでも、自由に飛んでいたいんですよね。

 そんなわけで、若い人は知らないかもしれませんが、今回は
 赤い鳥「翼をください」を聞いて下さい。
 http://jp.youtube.com/watch?v=-fNOdvnc9sg  

 徳永英明「翼をください」もどうでしょうか?
 http://jp.youtube.com/watch?v=-jBtH8hwtzU&NR=1

久し振りに聞いたんですが、なつかしいな~ 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。