スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあみなさんいろいろあるでしょうが・・

  • 2008/08/23(土) 18:25:34

オリンピックの野球競技に日本はどうしたか

野球メダルなし
非常に残念でしょうが、マスコミが騒ぐほど悲しんでいる人はいないでしょう。メダル獲得チームには1勝も出来ませんでした。

女子ソフトボール:身を入れて応援したくなるチーム
何とかジャパン野球チーム:勝てるのか興味本位でみていたチーム
こんなところじゃないでしょうかんべ

他の監督がやればどうなっていたかという私の予測をすれば
元三冠王東北に本拠を置く監督: 金メダル確率40% 銀メダル55% 銅5%
理由:
1.短期(トーナメント)決戦の仕方をしっている。
2.選手起用を調子のよい選手を使うであろう。
3.メンバーの人選においては半分ぐらいは違うと思う。少なくともケガの選手と選手コーチ兼任は選ばないと思う。川崎、村田は絶対にメンバーから外すであろう。
日本はメンバーを2人ちょい少ない人数で戦っていた。
4.仲良しコーチは絶対選ばない。

永遠の若大将監督: 金メダル確率15% 銀メダル35% 銅48% メダルなし2%
理由;
1.短期(トーナメント)決戦の仕方をしっているとはいいがたいが、思い入れの選手をあれほどまでに信頼するタイプ(むしろ見切りが早い)でないので、早めの交代が吉と出る場合もある。
2.先発ピッチャーばかりを選ぶという愚はいくらなんでももしない。
3.この監督がいれば、○スン○は韓国代表を辞退していたのであのホームランはなくなる。 (彼は実際相当代表に入るか悩んだらしい)
4.FAで獲得した小笠原を自チームが育てたように選出するし上原、岩瀬投手はまず選ばない。岩隈、武田久を選ぶでしょう。
5.コーチはそのまま巨人のコーチへ連れてっても今回より数倍よいでしょう。  
 
長嶋監督の後を受けて、アテネ五輪では3位銅でも批判を受けたあの陽気な監督
 金メダル確率5% 銀メダル35% 銅48% メダルなし12%
 この方はこの結果により、将来の監督の目がなくなってしまうほどの社会的制裁を受けました。
 それでも北京五輪について語ってくれています。
 彼はここで監督(監督代行)という名がなかったというのは響いたと言っていますが、これを読んでそうだっただと初めて知りました。
 あの当時が長嶋さんが必ず復帰するということで曖昧な立場たったんですね。
五輪を語る

 それでも今のメジャーリーグ組を加えてすごいメンバーです。
アテネオリンピック 野球

 この時に、1チーム2名しか出さなかったことを批判しのが星野さんで、今回は自分の我儘を通して自分が好き勝手に選出してこの結果ですから、それは批判されてもしょうがないと思います。



 さて、こうやって見てみると、今回の野球の結果は、私見ですが誰がやっても今回以上(選手の選出もしていたら)になるのではないかということですが、あながち間違いではなさそうな気がします。

 だってだって!! 
 いくら何でも阪神の3番打者が全日本の4番はないと思うのだけど・・・(結果論ですいません)
 ここで上原を使わなければどうして連れていくんだという場面もなかったですか?
 結局このチームエースは誰だったんだろう??? 
 日本のエースは岩隈かダルが双璧。その一人を選んでなければ、誰が見てもダルじゃないの?そりゃ敗戦処理はないと思うよ。
    
 まだ、現時点で優勝は韓国かキューバかわかりませんが、韓国のオリンピック対策として
 1.北京オリンピック使用球を今年の公式戦に使った。
 2.ストライクゾーンも国際レベルとして審判を徹底させた。
  この二点は評価されることでしょう。
   ただし、「兵役の免除」もかなり大きく士気を高めたことでしょう。

  特にストライクゾーンは大きいと思います。日本のバッターの打率を考えると戸惑いがあったとしか思えません。それとフライをこんなにポトリと落とす野球は最近では少年野球でもあま見たことがないのですが、日本のドーム球場によって、太陽の下で野球をやっていないのも原因でしょう。
 
  高級ホテルに泊ったり、自分が海外へ視察にいくなど日本は選手の待遇や監督・コーチの視察旅行に金を使っているので強化の視点が違うのでしょう。
 これは韓国野球界の組織の勝利と言えるかもしれません。 このことは日本のプロアマのオリンピックの野球関係者も大いに見習うべきかもしれません。
 こんなに近くに見本があるのですから・・・・。 

 そんな折、今 韓国が金メダル獲得です。 何か素直に喜べます。アジアという大きな気持ちでおめでとうございます。 

 「ここに新たなわれわれの歴史を刻む」と大会前の星野監督が豪語し、それは確かに間違いなかったが、全員プロ選手で初めてメダルを逃すという皮肉な結果となってしまいました。
 
 そうそう。
 世界一の4番打者が巨人では帰ってもまた二軍暮らしか!?
 巨人はやはり最強のチームじゃないかな。
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。